• 用語辞典 ま
  •  

■間取り

建物の部屋の配置のこと。部屋数を表す数字と、リビング、ダイニングキッチン、サービスルームのそれぞれの頭文字のアルファベットを組み合わせて表示される。配置により住みやすさにも影響するため、入居者が住居を選ぶ際の条件としても重要。

■マンション管理士

管理組合の運営・管理、居住のトラブルなどについて、アドバイスや指導などを行う専門家の資格。国土交通省が実施する試験に合格し、指定機関に登録すると登録証を交付される。

■マンション経営

マンションを新築、または中古マンションを購入し、部屋を貸して家賃収入を得ること。長期で定期的な家賃収入が見込め、所得税や住民税、相続税の節税効果もある。 アパートに比べてマンションの方が火災に強く、耐久性、遮音性なども高いため、住人の苦情問題や火災のリスクが減らせる。

■マンスリーマンション

1ヶ月単位で借りられる賃貸住宅で、敷金、礼金、仲介手数料が不要。家具、家電製品、日用品など生活必需品がそろっており、ホテルや旅館に長期滞在するよりも費用が安い。マンションタイプ、アパートタイプ、一戸建てなど、さまざまなタイプが選べる。

■マスターリース契約

建物所有者(家主)とサブリース会社の間で締結される賃貸借契約。サブリース会社が第三者に転貸(又貸し)することを目的とする。サブリース原契約とも呼ばれる。

  • 用語辞典 め
  •  

■メゾネット

集合住宅において、内部に専用階段があり、上下2階にわたる住戸のこと。ロフトに近い形状であるが、建築基準法では居室として認められていないロフトに対し、メゾネットは居室の基準を満たしている。一戸建てに近い内部空間をつくることができるため、高級な賃貸住宅で採用されるケースが多い。

■免震構造

地震の力を建物に直接伝わらないようにして、地震による揺れや崩壊を防ぐ構造のこと。建物の基礎部分に特殊なゴム層や揺れ止めなどの装置を入れて、地震の震動を伝わりにくくする。

  • 用語辞典 も
  •  

■モデルルーム

不動産会社や住宅メーカーなどが分譲マンションの販売促進のために、完成に先立ってマンションの敷地内や現地近くに建築する施設のこと。室内の間取りや設備、仕様を見せるために実際に販売する住戸の中から1~2タイプを選んで造られる。

■木造

土台、柱、梁、桁などの主要構造部材を木材で作る建築物。木造軸組(在来)工法や2×4工法(枠組壁工法)、木質パネル工法など多種多様な工法がある。