index1 index2

大家さんの将来に対する不安が増大しています!

既存のアパート、マンションの経営は、年々状況が厳しくなっています。

・毎年着工される多くの新築物件=競合物件増加

・旧式な仕様設備・外観

→ ユーザーニーズの多様化=競争力低下

毎年建築される多くの新築アパート、マンション=競合物件、多様化する入居者ニーズなど、既存物件が入居希望者に選ばれにくくなっています。

現実的に既存物件の空室増大により経営が圧迫される大家さんも増えており、バリューアップのためのリフォームが注目されています。

taiosaku2-1taiosaku2-2

アパート、マンション

リフォームの問題点

最適な空室改善=収益改善の対応策であるアパート、マンションリフォームですが、実行には障壁があります。

・残債がある場合、融資が行われにくい

新築時や他物件の借入が完済していれば問題ないでしょうが、借入の残債がある場合、追加融資が行われにくくなります。

・投資対効果が不確定

リフォームの実行前に、実行後の年間収入が確定せず、費用対効果も不確定でした。

つまり「リフォームはしたが、空室が減るかは分からない」という大きな不安があり、リフォームが実行されるケースは多くはありませんでした。

com-okmakase