2017マイナビ登録開始

STAFF
社員紹介

project 1

大地 康仁 Ohchi Yasuhito

所属コンサルティング営業本部
役職西日本コンサルティング統括部長 兼 関西支店長
出身校日本大学
:マネージャーという立場に重要なことは?

:私がマネジメントをする中で意識していることは、グループや各メンバーにおける将来イメージを共有することです。例えば3年後、5年後。自分はどんな姿で、組織はどうなっていてほしいか具体的にイメージします。そのイメージを目標とすることで、「今何をすべきか」が見えてきます。また、「今何をすべきか」がグループ内で共有されることで、各メンバーが指示を受けて動くのではなく、自発的に行動することにつながります。そのため、将来イメージを私自身が持つのは当然ながら、それらを各メンバーにも共有することが重要だと考えています。 私の入社時は非上場の小さな会社だった当社ですが、今では子会社を5つ抱える東証一部上場企業となりました。自分自身の成長を止めないことはもちろん、次の世代を担う人材を育成することもまた、重要なミッションだと思っています。

project 2

寺地 総 Terachi Kazusa

所属コンサルティング営業本部
役職中部支店長
出身校高千穂大学
:思い出のエピソードはありますか?

:入社して2年経つ頃、いよいよ担当エリアを任されることとなり、社内外あらゆる対応を1人で行わなければならなくなりました。仕事のボリュームにもスピードにもついていくことが出来ず、毎日悩んでいた時期がありました。 そんな中、当時90部屋中15部屋しか埋まっていない賃貸マンションの担当になりました。建築当時のローンの返済により、オーナー様は毎月200万円の赤字にお悩みという状況。そこで当社が家賃保証をさせて頂くという提案なのですが、物件が古かったため、入居率を上げるためにはリフォームをして頂くことが条件でした。なかなか融資先が見つからず、5行に相談し、やっと融資を取り付けることができたのですが、報告した時のオーナー様のお顔は今でも忘れることができません。仕事を通して誰かの幸せに貢献できることが、自分の背中を押してくれたと思っています。

project 4

佐々木 耀 Sasaki Yo

所属アパマンショップ森下店
役職アドバイザー
出身校専修大学
:仕事上で心がけていること

:「お客様の幸せを第一に考えること」です。 営業マンである以上、私たちには毎月売上目標が課されています。仲介業をする中で、お客様を目の前にして「いくら稼げるのか」という販売側の論理でセールスをしても、売上は上がりません。ただ売上を伸ばすだけなら、家賃の高い部屋に決めてもらえばいいのですが、相手のニーズも汲み取らず、一方的なセールストークをすれば、お客様はいなくなってしまいます。同一駅周辺だけでも、仲介店舗は複数軒を連ねています。 お客様が納得のいくお部屋をご紹介できなければ、ライバル店舗にお客様を奪われ、契約には至らないのです。ですから、お客様の幸せ(=良い物件に住むこと)を最優先にし、物件の選定、ご案内の構成を行う必要があります。売上という結果は、「お客様の幸せ」を叶えた後に、自然と付いてくるものだと考えています。

project 6

斉藤 司 Saito Tsukasa

所属プロパティマネジメント事業部
役職プロパティマネージャー補
出身校明治大学
:入社を決めた理由は何ですか?

:能力の高い人たちと切磋琢磨しながらストイックに働くことができると思ったからです。 配属先の決定後半年ほど経った頃の話ですが、物件売買で所有者が変更となり、管理会社が他社から当社へ変更となる案件がありました。物件は新築物件。当然、前の管理会社としては管理を奪われる形になりますので、初めて面談した時はピリピリした雰囲気でしたが、打合せから物件の引渡しまで1人でやりきり、担当者として入居促進に努めています。 会社の収益ほぼ全てを担う部署だけに、時にはその厳しさに戸惑うこともありました。ですが、先輩方には1人で中国・四国地方を担当し、年間2億の売上目標を任されている方もいます。ひとりひとりが高い意識を持って働く環境は充分に整っています。私もその事業を担う一員であることを、日々実感しています。

project 7

山本 悠介 Yamamoto Yusuke

所属コンサルティング営業本部
役職課長代理コンサルタント
出身校東海大学
:思い出のエピソードはありますか?

:私の代は、同期入社が男4人。入社当時から今に至るまで仲良くさせてもらっています。 そんな同期との付き合いの中で、思い出深いエピソードがあります。 入社当時、半分はどこか地方の配属になるだろうと推測していた私たちは、東京に残るメンバーから旅立つメンバーに1万円を渡そうという話をしていました。引越し等で何かとお金もかかるだろうし、少しでも足しになればと。 配属の発表になり、私は名古屋へ、もう1名が大阪に行くことが決まりました。そして、4人で飲みに行った際、私と大阪行きの同期は本当に1万円をもらうことになりました。その1万円札に、誰からともなく、自分の名前を書いていきました。みんなで頑張ろう!と鼓舞し合ったことは、知らない土地に行く自分には非常に心強いものでした。 4人の名前が並んでいるその1万円札は、今でも大切に取ってあります。

project 8

倉員 秀鷹 Kurakazu Hidetaka

所属コンサルティング営業本部
役職主任コンサルタント
出身校筑波大学
:どんなときにやりがいを感じますか?

:当社の営業は、お客様に「物を買ってもらう」ことではありません。お客様が所有するアパート、マンションの「経営を任せてもらう」ことが当社の営業です。そのため、当社の営業マンは「コンサルタント」と呼ばれています。 お客様が抱えている様々な不安や問題を解決するため、客観的なデータ(数値)や、納得のいく収支のシミュレーションをお持ちし、メリットを理解して頂けるよう心がけています。そういった努力が実り、物件をお任せ頂いた時はもちろんですが、データや収支だけでなく、「この担当者なら任せて大丈夫」という信頼感を持って頂けた際に嬉しさを感じます。 また、営業の際はパートナー企業の方と一緒に行う事がほとんどです。社内だけでなく、社外の方とも協力し案件に取り組みますので、契約を頂いたときの喜びはひとしおです。

project 9

橋本 侑也 Hashimoto Yuya

所属コンサルティング営業本部
役職主任コンサルタント
出身校文教大学
:入社を決めた理由は何ですか?

:就職活動の際、私が企業選びで重視していた点の1つは評価制度でした。当社は、年功序列ではなく実績に応じてステップアップできる、「業績主義」の会社だと分かったため入社を決定しました。評価制度を重視していた理由は、高校時代の部活での体験からです。 最上級生しか試合に出れない年功序列の組織でしたが、「結果を出すから試合に出してほしい」と1年生ながらに監督に直訴を続けていました。すると、ある試合で出場の機会を得ることができ、2ゴールを決める結果を残すことができました。それがきっかけとなり、成果を出した者が試合に出れる環境へとチームも変わっていきました。 当社は、やった分だけ評価される為モチベーションも維持できますし、裁量権も比例増していきます。やりがいを感じ続けることができるという点は、自分に合っていると感じています。

project 10

宮崎 陽 Miyazaki Yo

所属コンサルティング営業本部
役職東京本社コンサルティンググループ長
メッセージ

当社は非常にスピード感があり、裁量の大きな会社です。しかし、任せてもらっている分そこには大きな責任も発生しています。当社のコンサルティング営業は、一人一人がエリアを任され、且つ営業活動の大半は単独行動です。一人でエリアを任せられている以上、頼れるのは上司でも先輩でもなく自分しかいません。 終わらないのであれば、終わらせるまでやる。とにかく必死でした。私の場合は、少し発想が変わっていたのかも知れません。ある意味、諦めていました。「出来ていない自分が悪い。しかたない。」そして、一つ一つ目の前にあることをやり遂げていくうちに、いつの間にか見える景色が変わっていました。 愚直に、当たり前のことを当たり前のようにやり続けることができる方、目標に対してやりきる気持ちを持てる方、こんな方と共に働きたいと思います。

project 11

長谷川 省吾 Hasegawa Shogo

所属プロパティマネジメント事業部
役職中日本管理センター長
メッセージ

当社の展開しているビジネスは他社とは違う分、前例が無いことが多々あります。そのため大変な事は沢山ありますが、差別化ができているという点はビジネス上メリットであり、非常にやりやすい部分もあります。 私が入社される方に求める資質を一つあげるなら、それは「素直さ」だと思います。当社のビジネスを理解し、実践する上で非常に大事な要素です。 少人数で全国規模のビジネス展開をしている為、当社の力だけでは仕事はまったく先に進みません。協力いただくパートナー企業様の意見を聞き、上司・先輩の意見を参考にすることが重要です。 しかしながら、最後は自分自身で決断しないとならない。独りよがりでもいけないし、流されすぎてもいけない。ただ、耳を傾ける素直さがなかったら、相手は動いてくれません。当社のビジネスは関わる方々が多い分、非常に重要な資質だと私は思います。

        
project 12

田原 歩 Tawara Ayumi

所属人事総務部
役職採用主任
メッセージ

面接をしているとよく、「成長したと思う時はどんな時ですか」という質問を頂くことがあります。どんな時でも成長はしていると思うのですが、強いて言うなら「物事を主体的に考えることができるようになった」時です。  入社当初は思うような仕事ができず、未経験の職種で不動産の知識も無く、教えてくれる人もいなければ社外の人脈もない…。自分はこの仕事には向いていないのではないか、自分のせいで足を引っ張っているのではないかと下ばかり向いていました。しかし、先輩から「俺もそうだったよ」と言われた一言で、言い訳をしているのは自分だということに気が付きました。厳しい環境に身を置いたからこそ、変わることができたのだと思います。早く成長したいという方にはいい環境だと思いますし、努力を惜しまず、一緒に会社を推進させていく仲間を、是非お迎えしたいと思います。

  • project 1

    Yasuhito Ohchi

    2007年度新卒

  • project 7

    Yusuke Yamamoto

    2011年度新卒

  • project 2

    Kazusa Terachi

    2011年度新卒

  • project 8

    Hidetaka Kurakazu

    2012年度新卒

  • project 9

    Yuya Hashimoto

    2012年度新卒

  • project 4

    Yo Sasaki

    2015年度新卒

  • project 6

    Tsukasa Saito

    2015年度新卒

  • project 10

    Yo Miyazaki

    2009年中途入社

  • project 11

    Shogo Hasegawa

    2011年中途入社

  • project 12

    Ayumi Tawara

    2012年中途入社

BUSINESS
職種紹介

コンサルティング営業本部

■概要

オーナーの資産の最大化、さらにはパートナー企業の受注拡大に寄与するために、コンサルタント業務に従事する部署になります。

■詳細

大きく分けて2つの仕事が待っています。
(1)不動産という資産をお持ちのオーナー、法人に対して、弊社のサブリースを提案し、物件を預かり、運営を実施します。
(2)全国の建築会社、リフォーム会社、管理会社に対して、弊社のスキームを提案を致し、業績拡大のバックアップを行います。

■事業部の位置づけ

コンサルタント営業本部は当社の主要な部門のひとつです。短期にここまでの成長できたのは、他社と比べてより優れた提案力を有していたからと言っても過言ではありません。

プロパティマネジメント事業部

■概要

マーケットを分析し、オーナーの資産の最大化のためにマーケティング、企画を行い、提携先のパートナーと一緒に運用実績を上げていく仕事に従事する部署になります。

■詳細

大きく分けて2つの仕事が待っています。
(1)当社に賃貸物件を預けるかどうかの判断となる、当社の提案プランの作成を行います。
(2)預かった物件の収益を最大化させるための総合的なコーディネートならびに、マネジメントの実施、資産向上のための改善プランの提案、建物維持管理計画を担当しています。

■事業部の位置づけ

業績の拡大とともに、以前にも増して重要性が高まっています。預かり戸数が増えるにつれて、1%の運用率の変化で、業績に多大な影響を及ぼします。今後ますます弊社の柱になって行く部門です。

シニアハウス事業部

■概要

当社新規事業である高齢者専用賃貸住宅(※『サービス付き高齢者向け住宅』に移行)の新規拠点開設業務を中心に担当していただきます。

■詳細

(1)マーケティング・・・全国に配置された当社コンサルタントが収集する案件情報を精査し、事業性の可否判断を行います。具体的には、立地の優位性(高齢者人口、高齢化率、近隣の社会資源など)や競合状況などを分析します。
(2)経営企画提案・・・マーケティング結果を元に、戸数規模や家賃などの価格設定の他に、付帯サービスの有無を検証しイメージプランの策定を行います。
(3)協力会社支援・・・当該事業は、建設会社や運営会社を中心とする当社パートナー企業との連携で進めます。各分野のパートナー企業との水平分業で事業が円滑に進むよう支援と管理を行います。

■事業部の位置づけ

賃貸住宅市場の動向から当社の主要事業である家賃保証事業において、一般賃貸に続く大きな柱として高齢者住宅事業を捉えており、高齢者住宅事業の将来性を高く評価しています。

Greeting
代表挨拶

パラダイムを打ち破る

当社は前例がないことを実現してきた会社です。創業当時私が社員一人、アルバイト一人の前で「キャッチコピーは日本全国借り上げますにしよう」と話をしました。その時は目の前にいる二人でさえポカンとした表情をしていた事は、今となってはいい思い出です。

前例が無いことを作り上げて来た会社です。さらに成長させていくために私たちが必要としているのは、“人と違うことをやり、やり続ける事が出来る人材”です。他人と同じことをしていたらその位置から上にはいけませんし、昨日と同じことをしていては進歩がありません。ですから、学生の皆さんに期待するのは「企業家マインドを持ったチャレンジャー精神」。これまでの常識を打ち破り、当社の新しい文化を創り出してほしいと思っています。

パラダイムを打ち破る

当社は前例がないことを実現してきた会社です。創業当時私が社員一人、アルバイト一人の前で「キャッチコピーは日本全国借り上げますにしよう」と話をしました。その時は目の前にいる二人でさえポカンとした表情をしていた事は、今となってはいい思い出です。

前例が無いことを作り上げて来た会社です。さらに成長させていくために私たちが必要としているのは、“人と違うことをやり、やり続ける事が出来る人材”です。他人と同じことをしていたらその位置から上にはいけませんし、昨日と同じことをしていては進歩がありません。ですから、学生の皆さんに期待するのは「企業家マインドを持ったチャレンジャー精神」。これまでの常識を打ち破り、当社の新しい文化を創り出してほしいと思っています。

ACCESS

地図

Loading map...