マンション経営を取り巻く環境とサブリース 「日本」の空室状況

安定したマンション経営のためにサブリースの正しい知識、
活用方法を分かりやすく解説します。

サブリース活用マニュアル
1-1-01-1-eye
category1 サブリース活用術

マンション経営を取り巻く環境とサブリース 「日本」の空室状況

公開日:2016.4.5

安全な投資手法のひとつであるマンション経営。2015年1月の相続税改正により注目されていますが、「マンション経営は厳しくなる」という話も良く耳にします。

マンション経営を安定的にするための管理委託手法に「一括借り上げ」いわゆる「サブリース」がありますが、メディアでは問題点や批判的な情報が多く流れ悪い印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、全てのサブリース、一括借り上げが本当に適切ではない管理手法なのでしょうか。サブリース契約には様々な種類や条件があり、またサブリース会社の物件運用(マンション経営の代行)方法も異なる部分があるのです。このコーナーは「誤解だらけのサブリースをマンション経営に活用するマル秘術」と銘打ち、サブリース、一括借り上げの正しい知識や活用法、成功事例などを紹介していきます。

さて、まずはマンション経営を取り巻く環境として、マンション経営者、サブリース会社には切っても切れない空室に関して話を進めてきます。

マンション経営、サブリース運用を取り巻く環境で最も重要な空室

アパート・マンションの空室は多いのでしょうか?少ないのでしょうか?賃貸アパート・マンションの部屋探しをしたことがある人ならば、自分の条件にピッタリ合う物件はなかなか見つけることができず、条件をひとつ削りもうひとつ削りながら、やっと条件に近い部屋を見つけたという経験があるのではないでしょうか。そのことからも「アパート・マンションは足りていないのではないか?」と感じたことがあるのではないかと思います。

しかし日本の空室率は22.7%(※1)と4部屋に1部屋は空いているという非常に空室の多い状況が続いています。それにもかかわらず、部屋探しをしている方がなかなか良い物件に巡り合えないというのも事実です。

なぜこのような状況になるのでしょうか?

※1 出典:公益社団法人全国賃貸住宅経営者協会連合会 都道府県別「民間賃貸住宅(共同住宅)戸数・空き戸・空き室率」

空室が多い意外な理由

日本で空室が多い理由のひとつが「入居者からの人気が無い建物が多い」ことです。その物件とはいわゆるプレハブアパートのことです。工場での大量生産が可能な同一規格の軽量鉄骨や木造パネルを用いた工法で、一定の品質を維持でき作業時間も短く、RC(鉄筋コンクリート)造よりコストを抑えることができるメリットがあるため、多くのアパートメーカーが採用しており、これまで多くのアパートがプレハブ工法で建てられました。

しかし、このプレハブアパートは、家主、建築会社などの「建てる側」にはメリットが多い一方、「住む側」の入居者にとってはデメリットともいえる弱点があったのです。

次号では、プレパブアパートの弱点や都市の規模と空室率の関係について触れていきます。

ピックアップ

jirei01-eyechatch
category2  サブリース成功事例

サブリース成功事例-満室経営するもローンの返済が困難に

公開日:2016.4.5 記事を読む
1-2-01-1-eye
category1  サブリース活用術

サブリースとは

公開日:2016.4.20 記事を読む
1-2-01-2-eye
category1  サブリース活用術

サブリース・一括借上の特長を知る

公開日:2016.4.22 記事を読む
1-2-01-5-eye
category1  サブリース活用術

家賃保証 選定のポイント

公開日:2016.4.27 記事を読む
1-2-02-1-eye
category1  サブリース活用術

これからのマンション経営に不可欠な5大要件

公開日:2016.4.30 記事を読む
1-2-07-1-eye
category1  サブリース活用術

家賃を下げるはプロのアドバイスにならない

公開日:2016.5.26 記事を読む
一括借り上げ|JPMCサブリース・シリーズ リフォーム+サブリース|スーパーリフォーム サービス付き高齢者向け住宅総合支援|ふるさぽ 投資不動産売買サポート|イーベスト

マンション経営のサブリース・
一括借り上げはJPMC日本管理センター