サブリース活用マニュアル
1-3-02-2-eye
category1 サブリース活用術

意外に知ることのないアパート・マンションの夜の顔

公開日:2016.6.1

前号では、計数管理などやるべきことをやっても空室が埋まらない場合の問題点について触れました。

私たちがサブリースで物件を預かり始めるとき、空室を抱えた物件が多く、立地、などを数値化した計数を基に問題点を洗い出し改善することで問い合わせが増えていきます。しかし、入居者が内覧しても契約に結びつかないケースがあり、物件自体に清掃レベルの問題点などがあると解説しましたが、アパート、マンションの夜間の状況に問題が隠れていることもあります。

意外に知ることのないアパート・マンションの夜の顔

家主の皆さんは、所有するアパート・マンションの夜にみえる「顔」を知っていますか?

計数管理も行い、建物自体もチェックして問題が無いはずなのに、どうも入居希望者に敬遠されてしまう。そのような場合は、夜間にチェックしてみることをお勧めします。昼間には見えてこない問題が浮かび上がってくることがあります。

その中で多いものが照明の問題です。廊下の蛍光灯が切れていることや、節電のために電球を減らす、そもそも電灯が圧倒的に少ないとアパート、マンション全体が暗くなります。外から見た印象は悪くなりますし、入居者がエントランスから各居室に入るまでの間も決して良い気持ちにはなりません。確かに、経費を抑えることは大切ではありますが、それにより空室が埋まらないようでは賃料収入が減ることになり、元も子もありません。

また、「入居者が必要だと考える設備とは」で解説したとおり、近年入居者が重要視するセキュリティー面で考えても、照度の低い建物はセキュリティーレベルが低いといわざるを得ません。

これでは女性や子どもがいるファミリー層の入居希望者に対し、良い印象を与えません。せっかく、入居希望者が内覧してくれても、契約に至る可能性が下がってしまうため、物件を明るく安全に見せるため電灯を増設します。

前号と今回で紹介した2つの例、建物をきれいにする、明るさを保つなどは一例にすぎません。入居者目線で考えれば難しくない問題でも実践できていないアパート、マンションも少なくありません。こういった細かい心遣いでアパート、マンションの印象は変わりますし、サブリース、マンション経営の収益性を高めることにもつながります。

ピックアップ

jirei01-eyechatch
category2  サブリース成功事例

サブリース成功事例-満室経営するもローンの返済が困難に

公開日:2016.4.5 記事を読む
1-2-01-1-eye
category1  サブリース活用術

サブリースとは

公開日:2016.4.20 記事を読む
1-2-01-2-eye
category1  サブリース活用術

サブリース・一括借上の特長を知る

公開日:2016.4.22 記事を読む
1-2-01-5-eye
category1  サブリース活用術

家賃保証 選定のポイント

公開日:2016.4.27 記事を読む
1-2-02-1-eye
category1  サブリース活用術

これからのマンション経営に不可欠な5大要件

公開日:2016.4.30 記事を読む
1-2-07-1-eye
category1  サブリース活用術

家賃を下げるはプロのアドバイスにならない

公開日:2016.5.26 記事を読む
一括借り上げ|JPMCサブリース・シリーズ リフォーム+サブリース|スーパーリフォーム サービス付き高齢者向け住宅総合支援|ふるさぽ 投資不動産売買サポート|イーベスト

マンション経営のサブリース・
一括借り上げはJPMC日本管理センター