サブリース活用マニュアル
1-3-04-eye
category1 サブリース活用術

契約目前 サブリースのプロも一押しの内覧必勝法

公開日:2016.6.7

サブリースのプロが実践する空室リスクを激減させる方法。前号はホームページやチラシの重要性について説明しました。今回は、その次の段階となる、「内覧」についてお話しします。

ホームページもチラシも改善し、入居希望者にアパート・マンションを知ってもらい、興味を持ってもらえれば内覧で部屋の外観、内観を確認してくれることになります。内覧してくれるならば入居契約結んでもらえる可能性が高い状態といえます。何としてもお客さんを逃さないための施策について考えます。

入居希望者が自分の姿を具体的にイメージできるモデルルームは効果的

これまで何度か空室を埋めるための「内覧」の重要性について触れてきました。プロである私たちも、サブリースによるマンション経営の代行の入居促進策として重要視しています。

そんな私たちがお勧めするのが「モデルルーム」です。アパート・マンション内に空室があれば、そこをモデルルームにするのです。「分譲マンションでもないのにモデルルーム?」と思われるかもしれませんが、賃貸アパート・マンションでも内覧が物件を決めるポイントになっていることを考えると、モデルルームがあるのも違和感はないでしょう。入居希望者からすれば、その部屋で実際に自分が生活することをイメージでき、その部屋を借りようと後押しする有効な手段となります。

ただし、注意も必要です。インテリアのセンス(アイテムの選択とレイアウト)が悪いと、逆に部屋のイメージダウンにつながりかねないので、家具などの選定は慎重に行わなければなりません。

アパート・マンションの魅力を余すこと無く伝える室内ポップ

もうひとつの手段が「室内ポップ」です。

内覧に同行する前の、カウンターでの物件説明で、営業担当者がその物件のアピールポイントを余すところなく入居希望者に伝えられればいいのですが、部屋の詳細を全て把握していないこともあるから注意が必要です。仲介業者は膨大な量の物件を扱っていますし、中には熟練度の低い営業担当者に任せられることもあるでしょう。

そこで、どのような営業担当者の内覧でも部屋の魅力を最大限に伝えられるツールが「室内ポップ」なのです。例えばこのような具合です。

  • 足が伸ばせる広いバスだから身も心もリラックスできます。
  • TVインターホンは視認性の高いカラーモニター。セキュリティ面でも安心です。
  • 高い天井は住んでも気持ちよく圧迫感もありません。
  • セキュリティを重視したティンプルキーを採用。ピッキングも防止できます。

室内のアピールポイントにこのようなポップがあれば、複数の物件を見ている入居希望者の印象に残るはずです。こうしたポップは、書店、100円ショップ、ディスカウントショップなどが積極的に活用しています。ポップの有無やその内容で売り上げも変わってくるそうです。

アパート・マンションの内覧は、その部屋の魅力を入居希望者にアピールする最大のチャンスです。これくらいの手間を掛けるか、掛けないかで成約率も変わってくるのです。

ピックアップ

jirei01-eyechatch
category2  サブリース成功事例

サブリース成功事例-満室経営するもローンの返済が困難に

公開日:2016.4.5 記事を読む
1-2-01-1-eye
category1  サブリース活用術

サブリースとは

公開日:2016.4.20 記事を読む
1-2-01-2-eye
category1  サブリース活用術

サブリース・一括借上の特長を知る

公開日:2016.4.22 記事を読む
1-2-01-5-eye
category1  サブリース活用術

家賃保証 選定のポイント

公開日:2016.4.27 記事を読む
1-2-02-1-eye
category1  サブリース活用術

これからのマンション経営に不可欠な5大要件

公開日:2016.4.30 記事を読む
1-2-07-1-eye
category1  サブリース活用術

家賃を下げるはプロのアドバイスにならない

公開日:2016.5.26 記事を読む
一括借り上げ|JPMCサブリース・シリーズ リフォーム+サブリース|スーパーリフォーム サービス付き高齢者向け住宅総合支援|ふるさぽ 投資不動産売買サポート|イーベスト

マンション経営のサブリース・
一括借り上げはJPMC日本管理センター