煩わしい賃貸経営からの手離れを実現!

賃貸管理の知識もなく、本業もあるため賃貸経営に力を入れられない。
サブリースなら賃貸経営の手離れだけでなく家賃収入も安定します!

物件概要

202004seikou
202004seikou
所在地
宮城県石巻市
築年
1995年6月 築24年
構造
RC造
間取り
3DK・4D
総戸数
35戸
入居率
22室/35室(入居率63%)

改善ポイント

オーナー様の悩み

・賃貸経営未経験なうえ、本業があるため賃貸管理に力を入れられない
・徐々に入居率が下がっており、今後の返済が不安

Point1

間取変更、設備新調で物件価値を向上

Point2

サブリースで賃貸経営から解放

リフォームによる再生で収入がアップ


震災後高稼働だった本物件ですが、徐々に空室が目立ちだし、入居が決まらなくなっていました。
また、築20年以上経過しているため、設備の経年劣化により、見た目も古い印象。

そこで、古い印象を与える設備を重点的にリフォームしました。DKの間取りをLDK化、和室は洋間へと変更し、劣化した古い設備は交換を実施。

リフォーム費用はサブリースの保証賃料の金額内で抑え、現状の集金賃料よりも収入額を増やすことができました。

賃貸経営を委託することにより、煩わしい業務から手離れ


世代交代や税対策として賃貸物件を相続したとしても、今回のオーナー様のように既に本業を持ち現役で働いている方々が相続された場合、賃貸経営に力を入れられないというケースを多く見受けます。

相続したが賃貸住宅を経営した経験もなく、何をしたらいいかわからない。
また、物件の場所から遠方に住んでいて物件を見ることも難しい。

そんな方でも、サブリースは安定した収入を得るだけでなく、当社が貸主となることで賃貸経営の手離れを実現することができます。

この事例のサービス・商品はこちら

注目の事例

注目の事例

ハウスメーカーによるサブリースからの切り替え。条件を見直すことで収入を安定化。
修繕対応等は地元の企業に対応してもらうため、一般管理に近い感覚で経営をお任せいただけます。

注目の事例
相続対策空室対策不動産売却

空室が目立つようになり、管理会社変更を検討。サブリース(一括借上げ)にて収入の安定化を図りつつ、約6か月で満室経営へ。その後、オーナーが資産形成見直しの要望から短期売却にて借入の縮小を実現。