銀行の信頼を勝ち取るサブリース

ハウスメーカーによる新築計画がとん挫した案件の成功事例

物件概要

case-002_img01
case-002_img01
case-002_img02
case-002_img02
所在地
沖縄県那覇市
築年数
新築
構造
RC造
入居状況
16室/16室(入居率100%)

改善のポイント

オーナー様の悩み

・相続した土地にマンションを建てたいがマンション経営経験がない

Point1

サブリース(一括借上げ)による家賃保証

保証賃料が10年固定で、長期的に安定した収益を確保。
・初めてのアパートマンション経営のオーナー不安解消
・サブリースによる収入の安定→金融機関の不安解消

Point2

JPMCパートナーが提供できる価値

ハウスメーカーにはない提案力・運営力
・地元建築パートナーによる、安価な賃貸物件建築
・地元不動産パートナーによる。安定した賃貸運営

一等地の新規マンション、しかし……

オーナーが相続した土地は、マンションを建設するには好条件の一等地。土地を有効活用するためマンションの建築を決めました。
しかし、オーナーにとってマンション経営はこれが初めてのため、建築・経営を任せることができるハウスメーカーを中心に検討を重ねたものの、工事金額の高さから金融機関からの融資が決まらず計画がとん挫してしまいました。

経営代行で不安なし

低コストでマンションを建築ができるのは地場の建設会社ならではのメリットです。JPMCパートナーがリーズナブルなコストで建築できるプランを提案し、とん挫した計画が当社の提案によって動き出しました。

サブリース(一括借上げ)による保証賃料も10年固定で、最低のリスクヘッジも出来ている点から、アパートマンション経営が初めてのオーナーからも安心と信頼感を得られ、さらに金融機関からも融資も決まりました。保証賃料を上回った分を分配する収益還元法にオーナーも納得いただきました。

しかし何よりオーナーにとって最大の魅力は「経営代行」です。マンション経営未経験のオーナーにとってたとえ一等地であっても経営の不安はありました。経営を手離れさせることができるのは将来不安を解消することになるのです。

引渡も終え、無事2カ月で満室になっています。

当社では、全国約1300社の不動産管理会社、建築会社、リフォーム会社のパートナー制度により、ハウスメーカーには無い、地元密着の賃貸物件建築からサブリースによるアパート・マンション経営代行が可能となっておりますので検討を宜しくお願い致します。

この事例のサービス・商品はこちら

注目の事例

注目の事例
相続対策空室対策不動産売却

空室が目立つようになり、管理会社変更を検討。サブリース(一括借上げ)にて収入の安定化を図りつつ、約6か月で満室経営へ。その後、オーナーが資産形成見直しの要望から短期売却にて借入の縮小を実現。

注目の事例

新築アパートを建てたのちにまた自分が管理することへの負担が重く感じたのも事実でした。これまでのようにうまく賃貸経営を行うことができるという保証もなく、人口も減っている今このままアパートを建ててもいいのか迷っているとき、建設会社にサービス付き高齢者向け住宅を進められました。