将来の売却時にも好材料となるサブリース

サブリースと、イーベストを組み合わせた、出口戦略

物件概要

case-003_img01-1
case-003_img01-1
case-003_img02
case-003_img02
所在地
北海道
築年数
2016年6月
構造
木造

改善のポイント

オーナー様の悩み

将来的な売却に向けての売価低下を防ぎたい

Point1

売却時に「利回り」を提示できる

Point2

全国で買主を探せる「イーベスト」の活用

売却時、利回りをメッセージにした売り出しが可能

自社で所有する収益物件として運用をするため、土地の購入から陳地区建設を決断。しかし、北海道内の入居率低下と賃料低下に歯止めがきかない状態に不安もお持ちでした
入居率の低下は、将来の売却を考えた際にも懸念材料となります。

そこで、新築より10年固定のスーパーサブリースを採用し、早期の満室運用を実現。また、将来物件を売却する際、「想定利回り」ではなく、サブリースの残存借上期間の「約定賃料から算出した利回り」を提出できるため、強いメッセージ性を持った売り出しが実現できることにメリットを感じていただくことができました。

日本全国で売買候補を探せる「イーベスト」

買主側としては、約定賃料から算出した利回りでの購入と、日本全国で売買仲介を実現するイーベストにより、遠隔地の投資家でも購入ができ、エリア分散投資が可能となります。
売主側としてもサブリースによる賃料支払いがつくことで、より高値での市場売り出しが可能となります。

<掲載の実例について>
※掲載内容は個人の実績であり、全てのオーナー様の将来における成果をお約束するものではありません。

<サブリースに関するご注意>
※定期的な賃料の見直し、借地借家法32条による賃料減額が発生する場合があります。
当社から解約をする場合があり、オーナー様から解約・更新拒絶をする場合には借地借家法上正当事由が必要となります。

この事例のサービス・商品はこちら

注目の事例

注目の事例

空室が長期化しているが、問題点が分からない。
管理会社ではない誰かに相談したいと思ったら、ぜひ当社へお問い合わせください!

注目の事例

賃貸経営のプロが、入居ニーズを捉えたリフォーム提案で空室改善。
サブリースにより安定した収入と経営の手離れを同時実現します。