投資の成功事例

スーパーサブリースで将来的な売却に向けて売価の向上を

物件概要

写真準備中
写真準備中
写真準備中
写真準備中
所在地
北海道
築年数
2016年6月
構造
木造

改善のポイント

オーナー様の悩み

将来的な売却に向けての売価低下を防ぎたい

Point1

【確定利回り○%】という強い売り出し

10年固定の最低保証額を高目に設定することで売却時の残存保証期間を【確定利回り○%】という強いメッセージ性を持った売り出しが可能

Point2

全国で買主を探せる「イーベスト」

想定されている売却を見越して、出口戦略として「イーベスト」も使えることに魅力を感じていただきました

入居率低下と賃料低下に歯止めがきかない北海道

自社所有収益物件として新築建設を決断されたものの、北海道内の入居率低下と賃料低下に歯止めがきかない状態を不安視されていました。
入居率の低下はは将来の売却を考えた際にも懸念材料となるため、不安は大きいものでした。

将来の売却時にプラスを

新築より10年固定のSSLを採用し、早期の満室運用実現と、10年固定の最低保証額を高目に設定。将来の物件売却に対し、【想定利回り○%】という不確定な売り出し文句ではなく、残存保証期間、【確定利回り○%】という強いメッセージ性を持った売り出しが実現することに強い差別化のメリットを感じていただくことができました。

全国で買主を探せる「イーベスト」

まずサブリース管理料収益を確保しながら、管理を継続しつつ、将来的にサブリース付売却という戦略はオーナーにとって収益増を見込めるスキームです。
売却にあたっては北海道内だけではなく、全国で買主を探せるイーベストの出口戦略にも魅力を感じていただきました。

この事例のサービス・商品はこちら

他の成功事例を見る

注目の事例

注目の事例
相続対策空室対策不動産売却

空室が目立つようになり、管理会社変更を検討。サブリース(一括借上げ)にて収入の安定化を図りつつ、約6か月で満室経営へ。その後、オーナーが資産形成見直しの要望から短期売却にて借入の縮小を実現。

注目の事例

新築アパートを建てたのちにまた自分が管理することへの負担が重く感じたのも事実でした。これまでのようにうまく賃貸経営を行うことができるという保証もなく、人口も減っている今このままアパートを建ててもいいのか迷っているとき、建設会社にサービス付き高齢者向け住宅を進められました。