投資の成功事例

返済計画の健全化

物件概要

写真準備中
写真準備中
写真準備中
写真準備中

物件A

所在地
静岡県藤枝市
構造
RC造
築年月
2000年1月
入居率
16室/25室(入居率60%)
(相談時の入居率)
返済期間
15年から20年に期間延長中
写真準備中
写真準備中
写真準備中
写真準備中

物件B

所在地
静岡県藤枝市
構造
RC造
築年月
1995年4月
入居率
12室/12室(入居100%)
(相談時の入居率)

改善ポイント

オーナー様の悩み

返済計画を健全化したい

ご提案

売却を提案

入居率の良い物件を売却、残債に充てました。

資産形成を見直したい

近年空室期間の長期化や家賃の下落が大きくなっている中、返済に悩むオーナーが多くなっています。
返済期間を延長したものの、資産形成の見直しを考えられたオーナーが不安に思われてJPMCへ相談されました。

売却を検討

物件Bを査定したところ入居率もよかったため、売却を提案しました。
もともとオーナーは売却するつもりではなかったのですが、思っていたよりも高額の査定に売却を決断されました。買付もすぐに決まりほっと一安心です。

物件Bの残債はなくなり、利益を出す価格で売却が決まりました。

サブリースで返済を下支え

物件Bの利益を物件Aの返済に充てるとともに、物件Aをサブリースで賃料を保証。現状の家賃収入よりも増収し安定化することができました。

保証賃料は開始から10年固定のため、家賃収入が確定します。返済の計画もきちんと立て直すことができます。このため返済期間も健全化ことができました。

この事例のサービス・商品はこちら

注目の事例

注目の事例
相続対策空室対策不動産売却

空室が目立つようになり、管理会社変更を検討。サブリース(一括借上げ)にて収入の安定化を図りつつ、約6か月で満室経営へ。その後、オーナーが資産形成見直しの要望から短期売却にて借入の縮小を実現。

注目の事例

新築アパートを建てたのちにまた自分が管理することへの負担が重く感じたのも事実でした。これまでのようにうまく賃貸経営を行うことができるという保証もなく、人口も減っている今このままアパートを建ててもいいのか迷っているとき、建設会社にサービス付き高齢者向け住宅を進められました。