空室対策の成功事例

高入居率物件にもサブリース

物件概要

写真準備中
写真準備中
写真準備中
写真準備中
築年数
9年
構造
RC造
間取り
2LDK
入居状況
8戸/9戸(入居率88.8%)
(相談時の入居率)

改善のポイント

オーナー様の悩み

賃貸経営の不安を解消したい

空室1室だけれど不安な理由

空室が1室のみでありながらオーナーは不安を感じていました。築9年で空室が1室のみというのは優良物件であり、なにも不安に感じることなどないかと思います。

しかし、以前に3戸一斉退去があり返済の苦悩を経験したことがあり、空室には人一倍危機感を抱いていました。また事業経営者でもあるオーナーは多忙のため管理会社へ管理委託をしたものの入退去をはじめ、いろいろな連絡が入ることに気苦労が絶えないようでした。

収入と支出の比較

管理会社への管理を継続する場合、管理料、入居促進費など必要経費としてかかる支出は無視できません。が、現状以上が常に維持できるのであればこのまま管理を継続したほうがオーナーにとっての収入は満足いくものになるかと思います。

しかし、空室が出れば賃料を下げて募集をしなければいけないでしょうし、入居促進費も増額する可能性も出てくるでしょう。過去に会った3戸一斉退去のように複数個の入れ替えもないとは言い切れません。

サブリースによって賃料の保証と経営代行による賃貸経営の手離れはオーナーの抱える問題を解消できる提案になるのです。

イージーオーダー組み込み型サブリースの提案

オーナーから提案に理解をいただいたものの、現状売り上げから手取り額が減ることを懸念されていました。そこでイージーオーダー組み込み型サブリースです。

空室箇所からJPMCによる借上げを適応し、今いる入居者が退去してから借上げを適用させていくという仕組みであれば、現在入居している方の家賃はそのままに空室のみを保証できるのです。

スーパーサブリースより高めの賃料収入でスタートできるため、高入居率でも満足いくサブリースです。

この事例のサービス・商品はこちら

注目の事例

注目の事例
相続対策空室対策不動産売却

空室が目立つようになり、管理会社変更を検討。サブリース(一括借上げ)にて収入の安定化を図りつつ、約6か月で満室経営へ。その後、オーナーが資産形成見直しの要望から短期売却にて借入の縮小を実現。

注目の事例

新築アパートを建てたのちにまた自分が管理することへの負担が重く感じたのも事実でした。これまでのようにうまく賃貸経営を行うことができるという保証もなく、人口も減っている今このままアパートを建ててもいいのか迷っているとき、建設会社にサービス付き高齢者向け住宅を進められました。