ハウスメーカーから乗り換えの成功事例

サブリースの切り替えにより、売上向上と収益安定化を実現!

退去時に発生する免責期間のため、安定しなかった収入を改善。
ハウスメーカーの度重なる賃料改定の苦しみから脱却!

物件概要

case-007_img01
case-007_img01
case-007_img02
case-007_img02
所在地
岐阜県
築年数
①1993年10月(築23年)
②2002年8月(築14年)
構造
軽量鉄骨造
間取り
1LDK/2LDK
入居状況
2棟16戸
15/16戸 (入居率94%)
(相談時の入居率)

改善のポイント

オーナー様の悩み

・退去毎に1か月間の免責があり、収益が安定しない
・高入居にも関わらず発生する賃料の減額、大規模改修提案

Point1

免責を廃止し、収益を安定化

Point2

必要最低限の設備管理で売り上げも向上

入れ替え時の免責期間を廃止して家賃収入の安定化を実施

オーナー様が所有されている2棟の物件は年間を通して90%以上稼働と入居率がよかったのですが、退去時1か月の免責期間があったため、家賃収入にばらつきがありました。特に繁忙期では入れ替わりがが多く、高入居にも関わらず収入が大きく下がり、家賃の変動リスクを避けるための一括借り上げが逆に不安を生んでいる状態でした。

そこで、当社の提案では入れ替え時の免責を廃止。入退去が多くあっても、収益を安定化できるご提案をしました。

設備維持費の無駄を省き月額売り上げ向上

また、オーナー様はハウスメーカーからの度重なる保証賃料の減額や大規模改修にもお悩みでした。高入居率にも関わらず賃料減額の提案をされ、改修提案により200万以上をかけてウッドデッキを新設したことも。この大規模改修が何のためのもので、本当に必要な投資だったのかオーナー様は疑問を抱いておりました。
当社では改修に関してはサブリース更新条件には盛り込まず、必要な状況に応じて改修を行うことにしました。

結果、保証賃料額は下がったものの、設備維持管理費を圧縮し、トータルでの月額売上は増収することに成功。安定した収入と、オーナー様が納得のいく建物維持がかなうこととなりました。

この事例のサービス・商品はこちら

注目の事例

注目の事例

空室が長期化しているが、問題点が分からない。
管理会社ではない誰かに相談したいと思ったら、ぜひ当社へお問い合わせください!

注目の事例

賃貸経営のプロが、入居ニーズを捉えたリフォーム提案で空室改善。
サブリースにより安定した収入と経営の手離れを同時実現します。