リフォームの成功事例

築30年以上の物件がリフォーム後1か月で満室に!

資効果が分からず、満室経営を実現しました!

物件概要

case-008_img01-1
case-008_img01-1
case-008_img02
case-008_img02
所在地
大阪府
築年数
1983年
構造
RC造
間取り
1LDK
総戸数
3室/9室 (入居率33.3%)
(相談時の入居率)

改善のポイント

オーナー様の悩み

・マンション経営の知識がなく、経営を手離れしたい
・リフォームはしたいが、空室改善になるか不安

Point1

サブリースによる経営代行

Point2

外観の塗り替えや人気設備を取り入れ、
より投資効果のあるリフォーム内容にする

サブリースでリフォーム後の投資効果が明確に

約30年前に建築した本物件、当時の入居者ニーズを盛り込んでいたため、建築直後の経営状況は順調でした。現在のオーナーが、物件を相続したのは新築から約20年経過した後。そのころには内外装の経年劣化が気になっていたそうです。ただ、本業が多忙なことや、前オーナーにマンション経営を任せていて、自身は賃貸の知識を持っていなかったため、積極的に経営を見ることはしかなったそうです。

相続から更に10年が経とうとした時、マンションを子どもに引き継ぐため、リフォームを検討したそうですが、投資効果に不安を持ち実施を思いとどまっていました。
既に空室に悩んでおり、リフォーム工事費用を掛けても空室が埋まらない可能性があったためです。

そこで当社は、リフォーム後にサブリースによる保証をつけるスーパーリフォームをご提案しました。保証開始から10年間は賃料が固定されるため、リフォームの投資効果が明確になり、オーナー様の不安を解消することができました。

人気設備や外観リフォームで満室経営を実現

もちろん、サブリースによって経営の手離れも実現。
肝心のリフォームは、物件の第一印象となる外観の塗り替えでイメージチェンジを図り、現在のニーズに合わせ、2Kの間取りを1LDKに変更。和室は洋室へ。入居者アンケートでも人気となっている「TVモニター付インターホン」を取り付け。また、築古の物件にありがちな、ベランダの無いマンションですが、サンルーム・浴室乾燥機を設置する入居状況の改善を図るリフォームを実施。

結果、リフォーム前は6室あった空室が、1か月で満室になり、経営改善を実現することができました。

この事例のサービス・商品はこちら

注目の事例

注目の事例

空室が長期化しているが、問題点が分からない。
管理会社ではない誰かに相談したいと思ったら、ぜひ当社へお問い合わせください!

注目の事例

賃貸経営のプロが、入居ニーズを捉えたリフォーム提案で空室改善。
サブリースにより安定した収入と経営の手離れを同時実現します。