二等立地の活用の成功事例

相続対策をサービス付き高齢者向け住宅で

物件概要

case-009_img01
case-009_img01
case-009_img02
case-009_img02
所在地
熊本県
築年数
2012年オープン
構造
RC造3階
総戸数
34室

改善のポイント

オーナー様の悩み

相続税対策を検討していたがマンション経営は将来的に不安を感じている

ご提案

サービス付き高齢者向け住宅

要介護の方も受け入れることができるサービス付き高齢者向け住宅を提案しました。

マンション経営の不安

オーナーはすでにマンションを複数棟所有し、ご自身で経営されていました。マンションの老朽化に伴って入居率が低下するなどマンション経営の将来性には不安を感じていました。

相続対策を検討するにあたりマンション以外にはないのだろうかと悩むオーナーにサービス付き高齢者向け住宅を提案しました。

高齢者向け住宅開設をフルサポート

今後も増える高齢者を対象にした住宅にはオーナーも興味を持っていただけました。が、サービス付き高齢者向け住宅はもちろん介護サービス運営に関する知識がないオーナーには不安でした。

ふるさぽはJPMCが介護サービス運営に携わる会社をサポートして運営を安定させ、ターゲットである特別養護施設に入所待ちをしいている方を中心とした要介護の方々をケアできる体制を整えます。そのためオーナーに介護の知識がなくても運営することができます。

もちろんサブリースによる家賃保証で保証賃料を上回った分は分配されます。毎月送られる送金明細で入居状況を把握することができ、オーナーにとって安心していただける体制にサービス付き高齢者向け住宅の建設を決定されました。

オープン後

オープンから安定した入居率を推移しており、経営も順調です。

この事例のサービス・商品はこちら

注目の事例

注目の事例
相続対策空室対策不動産売却

空室が目立つようになり、管理会社変更を検討。サブリース(一括借上げ)にて収入の安定化を図りつつ、約6か月で満室経営へ。その後、オーナーが資産形成見直しの要望から短期売却にて借入の縮小を実現。

注目の事例

新築アパートを建てたのちにまた自分が管理することへの負担が重く感じたのも事実でした。これまでのようにうまく賃貸経営を行うことができるという保証もなく、人口も減っている今このままアパートを建ててもいいのか迷っているとき、建設会社にサービス付き高齢者向け住宅を進められました。