賃貸経営を手離れし、入居率も54%から満室へ改善!

本業が忙しく、マンションの管理ができず空室が増えてしまった物件の経営を満室へと改善

物件概要

case-011_img01-1
case-011_img01-1
case-011_img02
case-011_img02
所在地
北海道
築年
1998年
構造
RC造
間取り
1K
総戸数
24室
入居率
13室/24室(入居率54.1%)
(相談時の入居率)

改善ポイント

オーナー様の悩み

・本業が多忙になり、マンション経営に手が回らない
・空室の増加に伴い、返済が不安

Point1

サブリースによりマンション経営を代行

Point2

駐車場スペースの確保で空室を改善

マンション経営の代行により、煩わしい管理から手離れ

函館市の所有地にマンションを建設したオーナー様。物件は1階にはテナントが入っており、主要道路に面していることから、立地も申し分ありません。自主管理で賃貸経営をしていたオーナー様ですが、本業は会社の経営しておりました。新築当初は自主管理で滞りなく賃貸経営ができていましたが、本業の会社経営が忙しくなるにつれ、マンションの管理が疎かになるように。手が回らず、そのうち管理は放置されるようになってしまい、空室が出ても募集情報を不動産会社に出すことができずにいました。

その結果、空室は増えていく一方でした。そこで当社がサブリースし、マンション経営を代行。煩わしい管理から手離れし本業に集中することができ、マンションは空室が出ても即座に対応ができるようになりました。

地方都市の賃貸には必須の駐車場を確保


自家用車の所有率が高い地方都市では、アパート・マンションでも駐車場は1室につき1スペース確保しなくてはなりません。本物件は、建物自体に問題はないものの、入居者向けの駐車場が確保できていない状態でした。オーナー様には、その事情を理解していただき、入居者の駐車場スペースを確保してもらうことに。サブリースにより、収入が安定することで金融機関からの融資もスムーズに受けられました。

駐車スペースが確保できたこと、空室発生後の迅速な対応により、仲介業者にも物件の認知度が高まったことで、わずか1か月で入居率54%を満室へと経営改善することができました。

この事例のサービス・商品はこちら

注目の事例

注目の事例

スーパーサブリースによる保証賃料固定で、追加融資を獲得!
築30年を超えた物件をリフォームし、入居改善へ!

注目の事例
保証賃料固定・免責期間廃止により減収の不安を解消

ハウスメーカーによるサブリースからの切り替え。条件を見直すことで収入を安定化。
修繕対応等は地元の企業に対応してもらうため、一般管理に近い感覚で経営をお任せいただけます。