ファミリー層を意識したリフォーム実施で、満室経営を実現!

築15年のマンションをリフォームするも空室は埋まらず失敗。
当社提案のリフォーム&サブリースで見事満室に!

物件概要

リフォームでも空室が埋まらないという失敗例
リフォームでも空室が埋まらないという失敗例
case-012_img02
case-012_img02
所在地
愛知県
築年
1996年
構造
鉄骨造
間取り
2LDK
総戸数
15室
入居状況
10室/15室(入居率66.6%)
(相談時の入居率)

改善ポイント

オーナー様の悩み

・空室対策としてテスト的にリフォームするも、効果がなかった
・空室を埋めて安定したマンション経営をしたい

Point1

エリアを熟知した地場の提携企業が
リフォーム内容を提案

Point2

サブリースによるマンション経営の安定化

利回り確定のリフォームで失敗の不安から解放

新築当時、大手の不動産会社に一般管理で管理業務を委託し、入居状況は安定していました。しかし、築15年を迎えようとしたころから、空室に悩まされるように。オーナー様は、目立ち始めた空室対策のため一室だけテストとしてリフォームを実施しました。
約200万円かけたリフォームでしたが、結果的に空室は埋まらず失敗。当社へのご相談は、空室を埋め、安定したマンション経営をしたいとご要望でした。

本物件、立地は良く、建物の外観にも問題はございません。つまり、室内や設備の古さが入居者希望者に敬遠される原因であることが分かりました。そこで、当社も再リフォーム&サブリースの提案をいたしました。一度失敗している為、リフォームに対し懐疑的なオーナーでしたが、当社のスーパーリフォームは提案段階でもサブリースにより、賃料収入が確定するため、工事費に対しての利回りを把握することができます。

エリアのニーズを捉えたリフォームで満室化


物件の管理は、地域特性を熟知した地元の提携賃貸管理会社が実施します。その管理会社より、物件が所在するエリアは、ファミリー層に向けたアパート・マンションが多くあるため、差別化を図らないと埋もれてしまうというアドバイスをうけました。そこで、内装はデザインタイプにし、セキュリティを向上するため、モニタ付きインターホン設置と、浴室・キッチン・トイレなどの水回りを充実させる内容をリフォームプランに盛り込みました。

その結果、以前とほぼ同額のリフォーム工事費でありながらターゲットのニーズを満たす充実したとなり内容で競合物件との差別化を実現。リフォーム後、満室経営を実現いたしました。

この事例のサービス・商品はこちら

注目の事例

注目の事例

賃貸経営のプロが、入居ニーズを捉えたリフォーム提案で空室改善。
サブリースにより安定した収入と経営の手離れを同時実現します。

注目の事例

全国にパートナー企業がいるから実現できるコストダウン。
賃貸経営を見直したい方は当社へご相談ください!