約6か月で、入居率約40%の物件を満室経営へ改善!!

空室問題から満室経営へ
その後、売却にてオーナー資産の最大化を実現いたしました!

物件概要

case-20170703_img01-1.jpg
case-20170703_img01-1.jpg
case-20170703_img02
case-20170703_img02
所在地
千葉県
築年
1994年
構造
RC造
間取り
3LDK
総戸数
54室
入居率
34室/54室(入居率62.9%)
(相談時の入居率)

改善ポイント

オーナー様の悩み

・空室が多く賃料収入が低下した
・将来ご子息が相続する際の借入金の返済額が縮小できるか不安

Point1

サブリース(一括借上)で空室分の賃料を保証

Point2

積極的な入居募集活動

オーナー様は、この物件以外にも1棟物件を所有し、借入残債もある為、これ以上空室による収入ダウンは避けたいとのことでした。そのため空室分の賃料を保証する、当社によるサブリース(一括借上げ)を提案し賃貸経営代行の運用をスタートいたしました。

地元の賃貸仲介会社へ積極的な募集活動を実施

物件最大の問題点は、20戸の空室です。まずは空室率が高い理由を徹底分析することからスタートします。

競合物件の状況、エリアの相場に対し募集賃料は適正か、仲介会社に物件の認知はされているのか。原因分析をもとに、募集条件の見直し、募集図面の作成、地元賃貸仲介業者へ物件のアピールなどを実施致しました。

結果、引受から約6か月後には、20室あった空室がすべて埋まり、見事満室とすることが出来ました。

満室後にオーナー様へ売却のご提案

満室経営の物件へと改善しましたが、オーナー様には資産継承予定のご子息がいらっしゃいます。そのご子息の方が、賃貸物件購入時に発生している借入金について、良い印象を持っておりませんでした。

そこで、借入金を一気に縮小するため、オーナー様へ売却をご提案。満室経営中の物件ということもあり、購入希望者へ情報公開をしたところ、すぐに買い付け希望が入り、借入金の大幅縮小を実現することができました。

この事例のサービス・商品はこちら

注目の事例

注目の事例

スーパーサブリースによる保証賃料固定で、追加融資を獲得!
築30年を超えた物件をリフォームし、入居改善へ!

注目の事例
保証賃料固定・免責期間廃止により減収の不安を解消

ハウスメーカーによるサブリースからの切り替え。条件を見直すことで収入を安定化。
修繕対応等は地元の企業に対応してもらうため、一般管理に近い感覚で経営をお任せいただけます。