保証賃料固定・免責期間廃止により減収の不安を解消

ハウスメーカーによるサブリース条件を見直し、日本管理センターへ切り替えをいただきました

物件概要

保証賃料固定・免責期間廃止により減収の不安を解消
保証賃料固定・免責期間廃止により減収の不安を解消
所在地
岐阜県岐阜市
築年
1994年1月(築26年)
構造
鉄骨造
間取り
2DK
総戸数
1棟6戸
入居率
6/6戸 100%

改善ポイント

オーナー様の悩み

・退去時の免責期間や賃料改定による減収が不安
・不明瞭、不必要な修繕があり不安

Point1

2年保証賃料を固定
入れ替え時の免責期間は条件にしない提案

Point2

収益分配型のサブリースで
現状よりも安定性と収益が向上

保証賃料の固定と免責期間の廃止により、変動リスクを回避

大手ハウスメーカーでサブリースをされていた本物件。
以前はすべてお任せの状況だったオーナーですが、定年退職を機に賃貸経営の勉強をしたところ様々な課題がみえてくることに。
基準家賃は、客つけできた賃料で下がる可能性があり、サブリースの条件には退去時最大1カ月の免責期間が設けられていたため、
収入が変動するリスクを抱えていました。

そこで、当社サブリースでは2年間保証賃料を固定することにより、変動リスクによる不安を解消しました。
さらに、退去時の免責期間を廃止、成約時に広告費を負担いただく一般管理と同様の提案にし、退去時の減収リスクを回避することが可能となりました。

また、保証を上回る収益をオーナーと分配する当社のスーパーサブリースにより現状よりも増収することに。
入居状況や集金額などすべて開示するため、オーナー様に安心して経営をお任せいただくことができました。

修繕内容を明瞭化し、コスト削減も実現

経費の点に関しても、オーナー様は不安を抱えていました。破損などの修繕の際、手配に時間がかかったり
不明瞭で必要以上の工事をすることが増えてきたと感じた本件のオーナー様。

当社のサブリース契約では、緊急時や規定の金額以下の工事を除き、オーナー様に承諾を得てから工事を実施しています。
また、工事は当社と提携する地元のパートナー企業に発注・施工する分業体制をとっているため、リーズナブルな工事ができ、コスト削減も実現できます。

この事例のサービス・商品はこちら

注目の事例

注目の事例

空室が長期化しているが、問題点が分からない。
管理会社ではない誰かに相談したいと思ったら、ぜひ当社へお問い合わせください!

注目の事例

賃貸経営のプロが、入居ニーズを捉えたリフォーム提案で空室改善。
サブリースにより安定した収入と経営の手離れを同時実現します。