SDGsへの取組み

1.地方創生

sdgs_1
sdgs_1

●JPMCパートナー
全国の物件を借上げ 地方の社会のインフラとして賃貸住宅を提供。
不動産管理、建築、リフォームを地場のパートナー企業へ委託することで地方の雇用を創出し、地方経済に貢献。
●倉敷みらい創生戦略への協力
倉敷市の地方活性化に向け、倉敷市保有物件を取得(2020年4月1日引渡済)。今後の地方公共団体と連携した地方活性化に向けた取り組みへの第一歩。

2.スクラップ&ビルドを繰り返さない

sdgs_2
sdgs_2

●スーパーリフォーム
「リフォーム&サブリース」で既存物件を再生!
安定したキャッシュフローと高い利回りを提案し、オーナー資産を最大化。
●JPMCワークスの設立
賃貸経営のプロであるJPMCが自前でリフォーム部隊を持っているからこそ、よりオーナー目線に立った賃貸経営への提案・サービス提供が可能(首都圏限定)

3.高齢化社会への対応

sdgs_3
sdgs_3

●ふるさぽ
・高齢者向賃貸住宅の一括借上をオーナーへ提供し土地の有効活用を促進。今後増加する高齢者に対しての住まいを供給する。
・株式会社ローソンと提携し高齢者向賃貸住宅に対し訪問販売を実施。買い物の機会を提供し、入居者の満足度向上へ寄与。

4.従業員のエンゲージメント(満足度)向上

sdgs_4
sdgs_4

・従業員持株会は拠出奨励金50%
・従業員への株式報酬制度を導入
・従業員が株主になることで経営への参画意識をより一層高め、株主の皆様と同じ視点を持って企業価値向上へ取り組む。
・従業員の中期、長期の資産形成を支援することでリテンションを高める。
・組織力を高め企業価値向上へ全社一丸となって取り組む。

5.ダイバーシティー経営

sdgs_5
sdgs_5

・ライフスタイルに応じて選べる「働き方」
・ライフスタイルを支援する「人事制度」
・女性従業員比率 全国平均25.2%*に対しJPMCは44.9%
・女性役員、管理職の誕生!

*出典 株式会社帝国データバンク 女性登用に対する企業の意識調査(2019年)より