【ムシュラン】半田市/トンテキ「きくよし」

お食事愛知県

創業前の『管理センター構想研究会』の時、
当社の現T常務とよく博多の唐人町で通った餃子屋で、毎夜のように食した「トンテキ」。
我々には懐かしいメニューである。
あの時食べた肉厚のニンニクが一欠入った「トンテキ」も勿論旨かったが、
先日半田市の食堂で頂いた「トンテキ定食(1,000円)」も素晴らしかったのでご披露しよう。

訪問時は平日ランチタイム直前、もう既に列が出来ている。
10~15分ほどの待ち時間で席に通され、
「お店も従業員も老朽化により…」等と書かれたフリップがレジにあったが、
オーダーから10分程で供された。

0810m2-200x150
0810m2-200x150
0810m1-200x150
0810m1-200x150

まずやっぱりトンテキはこの「照り」が見た目の食欲をそそる。
さらに箸でも食べ易いよう、8ミリ幅に切り分けられたロース肉。
定石通りのトンテキ。
「…んんん!?ソースは味噌か? いや、ちょっと違う。」
焼肉ダレと八丁味噌をブレンドした、きくよし特製ソース。
ロース肉とではちょっとコクが有り過ぎかと思いきや、よくマッチして「旨い!」
添えられた千切りキャベツやポテトサラダの他にマヨネーズが添えられており、
途中でこのタレとマヨネーズを合わせて食べると一段とコクが出て最後まで飽きずに食せる。
「飯が何倍でも食べれる!」という部類の“おかず”。
飽きが来ないこのシンプルな構成と変わらぬ味が地元の客を魅了しているのであろう。
次回は多くの常連客が注文している『中華そば』にもチャレンジしよう。

きくよし
愛知県半田市妙見町16-1
営業時間
ランチ 11:30〜13:30
ディナー17:00〜19:30
定休日 日曜日