【ムシュラン】松山市/割烹「馳走屋河の」

お食事愛媛県

プチ自慢である。
たとえ有名店でなくとも、小生がこれと見込んだお店は、
その当時食べログの評点が低かろうと、大抵いずれ評点があがったり、
ミシュランの星を獲得している。
ムシュランの過去のバックナンバーをご覧いただければ、
小生の舌の確かさが証明されているはずである。
今回以前に松山で、ムシュラン掲載店が2店舗目でめでたく
本物の「ミシュラン」を獲得した。

その店と時を同じくして星を獲得した店がこの「馳走屋河の」である。
まず女将さんが若いがやる気満々迸る料理愛に満ち溢れている。
俄然御亭主も頑張らざるを得まい。勿論ミシュラン星獲得和食店の御多分に漏れず、
ワインセラーの充実度も素晴らしい。それ以上にこの店を選ぶとは、ミシュラン覆面調査員に喝采を送りたい。

シンプルな構成のメニュー、過大な盛り付けを排した料理、居酒屋とまではいかないが華美でない店内。
その見た目、店舗とかけ離れた素晴らしい手の込んだ、工夫を凝らした料理の数々。
会席コース一品目からデザートまで何度唸ったか知れないほど。
特にコース三品目の「鮑の蒸し物」。


上等な部位は別の料理で頂戴し、残った白い部位を蒸してあるのだが、
どうやったらこんな食味になるのか。
低温で長時間かけて“マース煮”にでもしてるのか?ただ柔らかいだけでもなく、良い意味で鮑独特の繊維質がちゃんと食感として残り、まるで良くできたストリングチーズのよう。それでいてしっかり鮑の味が引き立つように仕上げてる。
「う~む」
瀬戸内産の天然車海老を、中華料理にヒントを得たのか“酔っ払い海老”に仕立ててきた。
ちゃんと和のテイストで味付けし、しかも仕上げに小粒のマイルドなキャビアの塩味で喰わせるとは。


「う~む」
どういう修行するとこのような料理を思いつくのか。
(中略)仕上げのイチジクのコンポート。


フレンチの料理なのにちゃんと和のテイストを感じる味付け。
しかも苺の形に上手にまとめている。久々に感動を味わい脳にいい刺激をもらった。
ついつい行きつけの店を“巡回”しがちな今日この頃。やっぱりグルメ探訪はやめられない。


割烹「馳走屋河の」
愛媛県松山市二番町2-8-5
089-931-7322
営業時間 17:00~23:00
※月曜祝日の場合、日・月お休み