東京都の記事一覧

休日に、恵比寿でランチをすることとなった。
ローストビーフの名店も有名なホテルブッフェもとれず、
ガーデンプレイスタワーにある、評判のロティサリーチキンのお店に行ってみることにした

オフィス街から一歩入った路地に忽然と現れる「重厚な扉」。
そこを開けば本邦ステーキ店の最高峰に位置すると言っても過言ではない
『あらがわ』の半世紀にわたり愛される伝統の味とその独特の世界が広がっている。

東京では珍しい関西風の蒲焼店。ご存知の通り、関東では「背開き蒸焼」関西は「腹開き直焼」奥にテーブル席、焼前にL字カウンター5~6席。まさに鰻の寝床のようなお店。

北品川のこんな場所に本格的な蕎麦屋が。そばの丸抜きを、店の二階に設置した石臼で挽き、毎日その日に出す分を手打ちしている“本格”である。二種類の蕎麦、

八丁堀時代にムシュランにも掲載した東京スタイル味噌ラーメンの名店「どみそ」の新業態が昭和通り沿いにオープンした。正午ちょっと前の入店。簡素ながらスタイリッシュなラーメン屋らしから造作は“どみそ流”か。

かの西太后の愛した「清」の時代の宮廷料理を頂くことにする。清は女真族という少数民族が多数派の漢民族を支配した国家で、女真族の別名が、これまた日本に馴染み深い“満州”である。

ミシュラン2つ星の、小林武志オーナーシェフが繰り出す「ヌーベルシノワ」はいつ食べても、斬新かつ新鮮である。
次々と繰り出す全ての料理に小林シェフ独特のひと工夫があり、ワクワクさせてくれる中華(?)である。

「素晴らしい!」の一言に尽きる。まず一品目のお通しが店の看板メニューを日替わりで食させてくれる。前日の余りモノを切り出してくる店とはまず客に対する心がけが違う。