注目記事

賃貸経営基礎知識

サブリース。マンション経営をしているオーナーや不動産会社、賃貸アパート・マンションの工事を取り扱う建築会社なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。そんな皆さんはサブリースについてどのような印象をお持ちでしょうか?
マンション経営を安定的にする仕組みのはずが、マスメディアやインターネットではあまりいい話は聞かないかもしれません。しかし、サブリースは皆さんのイメージ通りなのでしょうか?

賃貸経営基礎知識

全国47都道府県で6万5,000戸以上のアパート・マンション経営をサブリースで代行する私たちサブリース会社のノウハウの「肝」が「計数管理」だと考えています。計数管理ができれば遠隔でもマンション経営を管理できます。

賃貸経営基礎知識

サブリースを取り巻く環境について、前号より「人口減少」と「需給バランス」について話を進めてきましたが、今回は、人口が減少しても世帯が増える理由について解説していきます。何か矛盾しているように感じますが、これからの日本はそのような傾向になることが予想されています。

賃貸経営基礎知識

賃貸アパート・マンションの部屋探しをしたことがある人ならば、自分の条件にピッタリ合う物件をなかなか見つけることができず「アパート・マンションは足りていないのではないか?」と感じたことがあるのではないかと思います。しかし日本の賃貸住宅は4部屋に1部屋が空室の状態です。

賃貸経営基礎知識

サブリースを知って、活かし、安定したマンション経営を実践するためにも、日本の「住居」に対する感覚や背景を再確認して、サブリース、マンション経営業界が持つ問題点について考えます。

賃貸経営基礎知識

マンション経営に不可欠な要素として、サブリースのプロである私たちも重視する立地について解説していきます。都市部への通勤が便利な路線の駅から短い時間で歩ける範囲の物件でないと収益はあげられないのでしょうか。

私たちサブリース会社も無視できないマンション経営成功のポイントのひとつが「駐車場」です。ただし、エリアによって状況は変わります。

部屋の探し方は、時代とともに移り変わってきています。インターネットでの検索が主流になったことによってすべての物件は条件検索機能でふるいにかけられてしまうようになったのです。これによって家主、サブリース会社、不動産会社にとっては新しい問題が発生したのです。

私たちサブリース会社も実践するノウハウのひとつで、遠隔からでも空室が多いアパート・マンションの経営状況をおおむね改善することができます。ただ、計数をしっかり管理してもマンション経営の状況が改善しないケースもあります。今回は、このようなケースの対策について考えます。

私たちがサブリースで物件を預かり始めるとき、空室を抱えた物件が多く、立地などを数値化した計数を基に問題点を洗い出し改善することで問い合わせが増えていきます。しかし、入居者が内覧しても契約に結びつかないケースがあります。それはアパート、マンションの夜間の状況に問題が隠れていることもあります。