注目記事

相続税対策

特に地主やアパート・マンション経営をする家主にとっては、他人事ではないと思います。そんな中、相続税対策に効果が高いとアパート・マンション経営にも注目が集まっています。ただ、相続税対策についての知識が万全である人は多くはないでしょうし、既にマンション経営をしている家主でも不安や迷いを持っているのではないでしょうか。

相続税が大幅に増税された今、多くの資産家を悩ますのが相続税対策です。

更地を持っている地主は、その土地のアパート・マンションを建てることで相続税対策になると聞いたことがあると思いますが、相続税対策に失敗するだけでなく、資産を失ってしまう場合もあるのです。

相続税対策

税制の細かい部分は税理士に相談するにしても、相続税の基本的な知識は持っていても損は無いどころか、大事な家族に資産を遺すときに向けて、ぜひ、おさえておきたい知識であることに違いはないでしょう。

相続税対策

基礎控除額は、その金額の範囲をはるかに超える相続をすることが多い地主や家主も無関係ではありません。

今回は、基礎控除額の計算について解説します。

相続税対策

相続税の基本として、法改正のポイントのひとつである「税率の引き上げ」を相続人ごとに解説していきます。

相続税対策

相続税対策に効果が高いと注目されているアパート・マンションでの相続税対策の大きなポイントは、いかに相続税評価額を小さくできるかです。税率を掛け合わせる前に評価額を小さくすることができれば、それだけ相続税を小さくすることができます。一般的には「評価額を圧縮する」というように表現されています。

相続税対策

税制の改正より納税者にとって有利な変更となる評価額を圧縮する特例、規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例について解説します。

サブリース、マンション経営をする家主やこれからマンション経営を始める人に見逃すことのできないアパート・マンションに関する相続税対策について解説していきます。

相続税対策では、所有地を更地として寝かしておくよりも、土地に建物を建てたほうが節税効果は高まり、建物がアパート・マンションであれば、さらに大きな節税効果を得ることができます。これは相続税対策の中でも大きな節税効果が得られるものであります。

マンション経営は相続税対策に効果的であることに間違いはありませんが、その効果を発揮させるためにはひとつ条件があります。それは、アパート・マンションに「空室」が少ない、ということです。