注目記事

実際に私たちが相談を受けたケースを基に、相続税対策のためだけにマンション経営を始めた場合の節税効果を検証していきます。

アパート・マンションの全国的な平均空室率は高く、また、多くの新築物件が建築されています。これでは、相続税対策の効果も十分に発揮できないだけではなく、経営状況の悪化のため、最悪の場合には大切な資産であるアパート・マンションを手放すことになりかねません。
多くの家主を悩ませる老朽化アパート・マンションでも相続税対策効果を発揮させる方法について解説します。

新築時には満室でも相続するときには経年から空室が多くなり、想定していた節税効果を得ることができなくなる可能性があります。

その場合、リフォームでアパート・マンションを再生する方法が効果的ですが、リフォームをした建物の相続税評価額はどのように判断されるのでしょうか?

前号では、建物の相続税評価額の圧縮率が入居率=賃貸割合の違いで開きが出るか、シミュレーションしました。

今回は、アパート・マンションの土地に対する相続税評価額をシミュレーションしてみます。

マンション経営は相続税対策に効果的であることに間違いはありませんが、その効果を発揮させるためにはひとつ条件があります。それは、アパート・マンションに「空室」が少ない、ということです。

相続税対策では、所有地を更地として寝かしておくよりも、土地に建物を建てたほうが節税効果は高まり、建物がアパート・マンションであれば、さらに大きな節税効果を得ることができます。これは相続税対策の中でも大きな節税効果が得られるものであります。

サブリース、マンション経営をする家主やこれからマンション経営を始める人に見逃すことのできないアパート・マンションに関する相続税対策について解説していきます。

相続税対策

税制の改正より納税者にとって有利な変更となる評価額を圧縮する特例、規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例について解説します。

相続税対策

相続税対策に効果が高いと注目されているアパート・マンションでの相続税対策の大きなポイントは、いかに相続税評価額を小さくできるかです。税率を掛け合わせる前に評価額を小さくすることができれば、それだけ相続税を小さくすることができます。一般的には「評価額を圧縮する」というように表現されています。