東日本カンパニー
主任プロパティマネージャー
YU HARADA

  • 組織だからこそできる
    入居改善施策があります。

    コンサルタントがオーナー様からお預かりした物件を実際に運用していくのが
    私たちプロパティマネージャーの役割です。

    当社は日本全国の管理・仲介業者とパートナーシップを組んで、
    物件を運用しております。
    エリアの特長や物件近隣の入居者層を熟知した地元の業者と協業することで、
    オーナーさまの入居率アップに向けたあらゆる施策を講じることが可能です。

    現場の担当者から物件検討者のニーズを吸い上げて分析することはもちろん、
    仲介業者と一体となって入居促進キャンペーンを実施したり、フリーレントや初期費用無料など個人のオーナーさまでは実施が難しい大胆な施策も、必要性を見極めながら複合的に実施できることが当社の強みです。

  • 客観的データをもとに
    着実に先を見据えた
    一手を打つ

    パートナーシップから得られる、日本全国での運用実績が蓄えられたデータも当社の武器の1つです。
    長年のトライアルで積み重ねた実績は傾向を示唆し、より確実性のある施策を立案する拠り所になるからです。

    データはシステム化され賃貸経営を代行する私たちプロパティマネージャー陣は、いつでもアクセスが可能です。勘に頼るのではなく、客観的な事実に基づいて、入居促進施策をプランニングいたします。もちろん、物件の入居状況は常にモニタリングされ、今後の入居率の推移を予測シミュレーションすることも可能です。

    常に一歩先を見据え、先手を講じることで、高水準の入居率をキープできるよう、日々邁進しております。

  • 一緒に賃貸経営のゴールを
    達成する
    チームを結成
    してみませんか?

    オーナーさまも、当社のプロパティマネージャーやパートナーも
    「満室経営というゴール達成を目指す」という意味では
    フラットな関係であるべきと考えています。

    さまざまな外部変化に伴い、賃貸経営の難易度はますます高まっています。

    同じゴールを共有し、気軽に話し合い、力強く推進していく我々を
    ぜひあなたのチームの一員として、お招きいただけませんか?