北品川のこんな場所に本格的な蕎麦屋が。そばの丸抜きを、店の二階に設置した石臼で挽き、毎日その日に出す分を手打ちしている“本格”である。二種類の蕎麦、

土曜日の講演前のランチに、前々から聞き及んでいた有名店へタクシーにて。やはり長蛇の列である。どうも若者や女性のが多い気がする、場違いだったか?多少後悔しつつ、今更他に行く時間もないのでそのまま待つこと約30分。やっと順が周りオーダーを。お盆に釜バター(中)を載せ、いそいそと着席。

浜松と言えば鰻である。生産量で鹿児島に抜かれようと、長年の伝統に裏打ちされた名店の技術に揺るぎはない。そんな名店が移転し新規オープンした。西遠地区の鰻好きで知らぬ者のない「かねりん」である。その駐車場に降り立った瞬間、暖簾をくぐる前から鰻を備長炭で焼上る香りにやられた。

いわゆる徳島ラーメンではない。十三八(とみや)の看板メニュー「鳥坂ラーメン」は“鶏ガラ”と“豚骨”の合わせスープの効いた、大別すると塩ラーメンに近い志那蕎麦である。トッピングのお肉も、所謂甘辛く味付けされた徳島ラーメンでお馴染みの“煮豚”でなく、一般的なチャーシュー。

大阪はカレーの激戦区である。過去にも色々取り上げてきたが真打の登場である。JPMCの関西支社は堺筋本町を皮切りに、ずっと本町周辺にある。その本町駅直ぐ近くの地下に、旨いカレー屋があると若い社員から聞き及び、「灯台元暗しだな…」等と独り言ちて本町駅へ。

器を抱えガツンと掻き込み時短+満足感が同時に得られるのが丼ものに男が惹かれる所以であろう。そして、丼ものの最右翼にあるのが「カツ丼」だ。

“うどん”について、讃岐の方とお話しすると、哲学的過ぎてついていけない時が多々あるが、ここの釜揚げうどんを頂いて初めて意味がわかる気がした。うどん人気店・老舗の長蛇の列には慣れっこだがここもご多分にもれない。ランチタイムに待つこと20分、メニューに目をやると揚げ物もおでんもない。

当社の那覇出張所のすぐ近くに、夜は「紅あぐー」(沖縄在来種アグーとランドレース“通称紅豚”の掛け合わせた沖縄の気候風土に合ったブランド豚品種)のしゃぶしゃぶを中心にした料理を出す店「ちむ」がオープンした。

季節メニューの「冷やしらぅ麺」を除けば、豚骨魚介つけ麺(平打ち麺)・豚骨魚介らぅ麺(平打ち麺)・豚骨魚介あっさりらぅ麺(ストレート麺)の3種類に、麺の量(普通・大盛・特盛)と、トッピング6種(味玉・のり・しなちく・生卵・ねぎ・ちゃぅしゅぅ)の組み合わせから選択するメニュー構成である。

シンプルな構成のメニュー、過大な盛り付けを排した料理、居酒屋とまではいかないが華美でない店内。その見た目、店舗とかけ離れた素晴らしい手の込んだ、工夫を凝らした料理の数々。会席コース一品目からデザートまで何度唸ったか知れないほど。