全国各地での賃貸経営改善事例をご紹介します。
特に、中古物件でサブリースを活用した再生事例は必見です!

カテゴリ別に記事を見る

注目の事例

注目の事例
相続対策空室対策不動産売却
注目の事例
注目の事例相続対策空室対策不動産売却

空室が目立つようになり、管理会社変更を検討。サブリース(一括借上げ)にて収入の安定化を図りつつ、約6か月で満室経営へ。その後、オーナーが資産形成見直しの要望から短期売却にて借入の縮小を実現。

注目の事例高齢者向け住宅

新築アパートを建てたのちにまた自分が管理することへの負担が重く感じたのも事実でした。これまでのようにうまく賃貸経営を行うことができるという保証もなく、人口も減っている今このままアパートを建ててもいいのか迷っているとき、建設会社にサービス付き高齢者向け住宅を進められました。

注目の事例リフォーム

不動産会社よりリフォームの提案を受けます。リフォーム工事費は1室200万円掛かり、とりあえず1室だけでもテスト的にリフォームをするというものです。

空室対策

これまで怠っていた入居募集も賃貸管理会社から市内の不動産業への情報発信により認知度が高まったことで、サブリース契約後、1ヵ月で全ての空室が埋まり満室稼働となりました。

不動産投資

近年空室期間の長期化や家賃の下落が大きくなっている中、返済に悩むオーナーが多くなっています。
返済期間を延長したものの、資産形成の見直しを考えられたオーナーが不安に思われてJPMCへ相談されました。

不動産売却

オーナーは数年前から故郷への転居を検討していました。転居するにあたり、現在所有している物件をどうするのかを考えたとき、築年数の経過とともに改修やリフォームで発生する維持管理コストの増加は将来的な賃貸経営の不安につながっていました。

新築

オーナーにとってマンション経営はこれが初めてのため建築、経営を任せることができるハウスメーカーを中心に検討を重ねたものの、工事金額の高さから金融機関からの融資が決まらず計画がとん挫してしました。

不動産投資

自社所有収益物件として新築建設を決断されたものの、北海道内の入居率低下と賃料低下に歯止めがきかない状態を不安視されていました。
入居率の低下はは将来の売却を考えた際にも懸念材料となるため、不安は大きいものでした。

空室対策

オーナーには、マンションの空室対策として多額の費用をかけたリフォームをすること無く、内覧者や次の入居希望者に気持ち良く入居いただける原状回復工事とクリーニングを施工いただく条件でサブリースによる経営代行する内容で提案することになりました。

空室対策

空室箇所からJPMCによる借上げを適応し、今いる入居者が退去してから借上げを適用させていくという仕組みであれば、現在入居している方の家賃はそのままに空室のみを保証できるのです。