注目記事

サブリース(一括借上)活用術

サブリースを知って活かし安定したマンション経営を実践するため、サブリースの正しい知識や活用法を紹介していきます。
今回は、サブリース・一括借上の特長について説明します。

サブリース(一括借上)活用術

賃料改定が問題視されていることを考えると、サブリースを活用するための提供会社選びは慎重に進めなくてはなりません。前号で触れた「トラブルになるようなサブリース契約」を提供する会社でないか判断することも重要ですが、サブリースを提供する会社の経済力も重要な判断材料のひとつになります。

サブリース(一括借上)活用術

サブリース会社は、ハウスメーカー系と不動産会社系の2種類に分けられ、契約内容も多岐にわたることは前号で解説しました。
今回は、サブリースがメディアで問題視されている件について話を進めていきます。一番の理由は、家主に支払う賃料の改定についてです。

サブリース(一括借上)活用術

マスメディア等でサブリースに関して良くない情報が伝えられているのも事実ですが、一口にサブリースといっても、提供するサブリース会社や、サブリース契約の内容は多岐にわたります。
今回は、複数存在するサブリースについて解説し、サブリースについて正しい知識を得ていきます。

賃貸経営基礎知識

サブリース。マンション経営をしているオーナーや不動産会社、賃貸アパート・マンションの工事を取り扱う建築会社なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。そんな皆さんはサブリースについてどのような印象をお持ちでしょうか?
マンション経営を安定的にする仕組みのはずが、マスメディアやインターネットではあまりいい話は聞かないかもしれません。しかし、サブリースは皆さんのイメージ通りなのでしょうか?

おすすめ
リフォームとサブリースで相続税対策に

アパート・マンションの全国的な平均空室率は高く、また、多くの新築物件が建築されています。これでは、相続税対策の効果も十分に発揮できないだけではなく、経営状況の悪化のため、最悪の場合には大切な資産であるアパート・マンションを手放すことになりかねません。
多くの家主を悩ませる老朽化アパート・マンションでも相続税対策効果を発揮させる方法について解説します。

賃貸経営基礎知識

サブリースを取り巻く環境について、前号より「人口減少」と「需給バランス」について話を進めてきましたが、今回は、人口が減少しても世帯が増える理由について解説していきます。何か矛盾しているように感じますが、これからの日本はそのような傾向になることが予想されています。

トレンドデータ

人気の設備が備わった住居に住みたいとは誰もが思うところです。それは賃貸アパート、マンションの入居者も同様で、入居者のニーズに合わせ人気の設備が導入されるようになってきました。空室を減らしマンションの安定経営を図るサブリースを提供する私たちも無視できないポイントです。

賃貸経営基礎知識

全国47都道府県で6万5,000戸以上のアパート・マンション経営をサブリースで代行する私たちサブリース会社のノウハウの「肝」が「計数管理」だと考えています。計数管理ができれば遠隔でもマンション経営を管理できます。

サブリース(一括借上)活用術

入居者の部屋候補に入るためには、入居者が望む条件や設備の導入が必要でとはいえ条件は簡単に変えられるものではありませんし、最新設備の導入も予算を考えるとすぐに対応できない場合もあります。