増加する単独世帯が求める住居は?

賃貸経営基礎知識

lab-20160411_img01
lab-20160411_img01

サブリースを取り巻く環境について、前号より「人口減少」と「需給バランス」について話を進めてきましたが、今回は、人口が減少しても世帯が増える理由について解説していきます。何か矛盾しているように感じますが、これからの日本はそのような傾向になることが予想されています。

加速度的に増える単独世帯

単独世帯が増える理由

その理由は核家族化の進行で、中でも「単独世帯」の増加です。ふた昔前なら「独身貴族」と呼ばれていた人々です。近年、この「単独世帯」が加速度的に増えているのです。

国土交通省白書の生涯未婚率データを見ると、1970年代後半から上昇し、1980年時点で男性が2.6%、女性が4.5%でしたが、2010年には男性が20.1%、女性が10.6%に増え、さらに2030年には男性の27.6%、女性の18.8%が生涯未婚のままであると見込まれています。

これからは「量」より「質」が求められる

これからの入居者層が望むアパート・マンション

これまで記したデータから、当面アパート・マンションマーケットは成長していくということがいえます。特に「単独世帯」や「2人世帯」はアパート・マンションの最も中心的なユーザーとなります。

現状、多くの空室があるとはいえ、老朽化などで取り壊される建物もあるので、一定数の新築アパート・マンションは必要になってきます。

ただ、これまでと同じ考え方、手法が通用するかといえば、そうではありません。これからのアパート・マンションは「量」よりも「質」が求められるようになるでしょう。

「単独世帯」や「2人世帯」に住む層は、これまでは若年層が多かったのですが、少子高齢化が進行するこれからは、中高年層が中心になります。

社会的にも地位や収入がある。そんな世代の人々が「プレハブアパート」を中心とした安価でロークオリティなアパート・マンションを選択しないことは難しい予想ではありません。

間取りや設備についても「これまでの発想」は捨て去り、これからの入居者層が本当に望むものを取り入れること。それが、サブリース、マンション経営を安定的なものにする秘訣です。

おすすめ記事

賃貸経営基礎知識

サブリース。マンション経営をしているオーナーや不動産会社、賃貸アパート・マンションの工事を取り扱う建築会社なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。そんな皆さんはサブリースについてどのような印象をお持ちでしょうか? マンショ...

賃貸経営基礎知識

賃貸アパート・マンションの部屋探しをしたことがある人ならば、自分の条件にピッタリ合う物件をなかなか見つけることができず「アパート・マンションは足りていないのではないか?」と感じたことがあるのではないかと思います。しかし日本の賃貸住宅は4...

賃貸経営基礎知識

前号では、あらゆる施策を講じても空室を埋めることができない時の手段として、「敷金、礼金ゼロ」の活用を紹介しました。 しかし、「敷金、礼金ゼロ」が原状回復や滞納のリスクを高めるのではと疑問を人も多いと思います。今回、「敷金、礼金ゼロ」で家主のリス...