注目記事

前号では、あらゆる施策を講じても空室を埋めることができない時の手段として、「敷金、礼金ゼロ」の活用を紹介しました。

しかし、「敷金、礼金ゼロ」が原状回復や滞納のリスクを高めるのではと疑問を人も多いと思います。今回、「敷金、礼金ゼロ」で家主のリスクを抑える方法について解説します。

賃貸経営基礎知識

私たちサブリース会社の実践するノウハウを紹介するこのコーナーでは、これまで様々な施策について説明してきました。

今回は、サブリース、マンション経営における「敷金、礼金ゼロ」の使い方についてお話しします。

おすすめ
リフォームとサブリースで相続税対策に

アパート・マンションの全国的な平均空室率は高く、また、多くの新築物件が建築されています。これでは、相続税対策の効果も十分に発揮できないだけではなく、経営状況の悪化のため、最悪の場合には大切な資産であるアパート・マンションを手放すことになりかねません。
多くの家主を悩ませる老朽化アパート・マンションでも相続税対策効果を発揮させる方法について解説します。

ホームページもチラシも改善し、入居希望者にアパート・マンションを知ってもらい、興味を持ってもらえれば内覧で部屋の外観、内観を確認してくれることになります。内覧してくれるならば入居契約結んでもらえる可能性が高い状態といえます。何としてもお客さんを逃さないための施策について考えます。

実際に私たちが相談を受けたケースを基に、相続税対策のためだけにマンション経営を始めた場合の節税効果を検証していきます。

アパート・マンションの全国的な平均空室率は高く、また、多くの新築物件が建築されています。これでは、相続税対策の効果も十分に発揮できないだけではなく、経営状況の悪化のため、最悪の場合には大切な資産であるアパート・マンションを手放すことになりかねません。
多くの家主を悩ませる老朽化アパート・マンションでも相続税対策効果を発揮させる方法について解説します。

自分のアパート・マンションがどのような内容で入居者を募集しているかご存じでしょうか?
将来入居してくれるかもしれない人々に最初に目にしてもらう物件案内ホームページやチラシについて、サブリースのプロの目線で話を進めていきます。

私たちがサブリースで物件を預かり始めるとき、空室を抱えた物件が多く、立地などを数値化した計数を基に問題点を洗い出し改善することで問い合わせが増えていきます。しかし、入居者が内覧しても契約に結びつかないケースがあります。それはアパート、マンションの夜間の状況に問題が隠れていることもあります。

新築時には満室でも相続するときには経年から空室が多くなり、想定していた節税効果を得ることができなくなる可能性があります。

その場合、リフォームでアパート・マンションを再生する方法が効果的ですが、リフォームをした建物の相続税評価額はどのように判断されるのでしょうか?