【ムシュラン】

神戸市「かどや食堂」

お食事兵庫県

gourmet-20151210_img01
gourmet-20151210_img01

「廃業するって聞いた時にはお先真っ暗でした(笑)」

屈託なく笑い、本当に“困ったんかいな”と思わせるほど明るい女店主のきしめん専門店「かどや」。
お店の雰囲気も味付けもどこか懐かしく、ほっこりとする昭和レトロなうどん店。

地元で著名な湊山温泉(後醍醐天皇に忠節を尽くした楠木正成が戦死した“湊川の戦い”で名高い、湊川が始まることから湊山。平安時代より、福原の平清盛も入泉したという古い歴史をもつ温泉。現在も昭和の面影を色濃く残す下町のはずれの湊川沿いに、日帰り入浴施設として残る。2015年5月10日をもって廃業予定だったが、それを惜しんだ伊豆高原ビール株式会社が営業を引き継ぎ現在に至る)のすぐ目の前で営業を営んでいる。

gourmet-20151210_img02
gourmet-20151210_img02
gourmet-20151210_img03
gourmet-20151210_img03

注文して4~5分。熱々のきしめんと、ばら寿司がお盆に乗せられて運ばれてくる。
まずはお出汁を頂く。
「美味い!」品のいい、あっさりとして、それでいてしっかりと旨味の効いた出汁。
う~ん美味い。きしめん自体もコシがあるわけではないが、この美味くて熱々のお出汁の旨味を引き立ててくれる外連味のない味。

さらに添えてあるばら寿司。干し椎茸から出た何とも言えない良い旨味が酢飯全体に広がっていて、これまた懐かしく、やさしい味付けに仕上がっている。
きしめん、ばら寿司に使われている青葱は、それぞれに合うよう同じものでありながら、切り方を変えている。
きしめんといい、ばら寿司といい、そんな心遣いと手間が食するものに「美味いなぁ」
思わず感嘆符を漏らさせる所以であろう。
何とも昔懐かしい、そして美味しいうどん屋である。
因みに前述の女主人は、当社の関西支社のマネージャーの母上である。

「かどや食堂」 全16席(カウンターのみ)
兵庫県神戸市兵庫区湊山町26-1

営業時間
10:30~湊山温泉が終わるまで(20:00前後)
定休日
水曜日定休(湊山温泉同様)
メニュー
かけきしめん¥300 きざみきしめん¥400
牛すじきしめん¥550 ばらずし¥680
セット(きさみきしめん+ばらずしハーフ)¥680