【ムシュラン】

丸亀市/讃岐うどん「なかむら」

お食事香川県

まぁこれだけうどん屋があってよくも皆営業出来てるものである。
またそれが兎に角安い。その上、言わずもがな「美味い!」のである。

またまた、土手である。(るみおばあちゃんのお店も土手だった…)土手を下ったところに山越(釜玉発祥の店)ほどではないが小屋風の店舗。お昼時お決まりの長蛇の列。久々に原点に立ち戻り「釜玉(小)」をオーダー。
ご当地の地名を“借用”している兵庫県加古川市本社のチェーン店の釜玉とは全く違う。

まず丼ぶりをもらって、自分で玉子を割り入れ掻き混ぜる(絶対に掻き混ぜすぎない、さっくりと溶く)。さっくりと混ぜることによって黄身と白身の両方のアルデンテを楽しめる。
玉子屋の子倅に生まれただけに玉子にうるさい小生である。
そして、大釜から上がった、熱々艶々のスーパーホットうどんを入れてもらい、瀬戸内特有の濃口醤油を回しがけ青葱をトッピング。
サイドに讃岐うどん店最良の模範生「ちくわ天」に、地元名物「エビ天(味は博多の名物丸天の海老バージョン)」を更に乗せ、会計を済ませあとは食するだけである。

gourmet-20160510_img02
gourmet-20160510_img02

うどんの量に対して玉子一個の分量とさっくりと混ぜた事が功を奏し、ふわっとした和製カルボナーラを堪能出来る食味に仕上がった。
「旨い!」
旨んだこれが。これほどシンプルで安いのに、ただのうどんなのに、旨いんです。
喉越しがいい、小麦の味がいい、出汁(この場合は醤油)がいい、温暖な気候がいい、店の素朴な雰囲気がいい、釜だしをそのまんま食する趣がいい、兎に角旨い。
かえって都心の「讃岐うどん」をウリにする店より柔らかく感じるくらいの茹で加減である。
するっと飲み物のように腹に納まってしまった(笑)。
もう一杯、列に並びなおして、今度は「ひや・あつ」を頂こうかな。

讃岐うどん「なかむら」

TEL
0877-98-4818
住所
香川県丸亀市飯山町西坂元1373-3
営業時間
9:00~14:00(平日)、8:30~14:00(日曜)
定休日
火曜日(祝日の場合は翌日)
メニュー
冷たいうどん小220円 熱いうどん 大320円
釜たまうどん(小・卵1個の場合)270円 てんぷら・あげ各100円