【ムシュラン】

鹿児島市/小料理・南薩摩割烹「板前心ういち」

通常、刺盛は大皿にその日の仕入れの各種魚類・貝類を“一緒盛り”してくるのが通例である。
だが、「ういち」は一味違う。

その日の旬の、それぞれ趣向を凝らしたお刺身が、小さなお皿に盛られ、その皿毎にあった薬味・塩、醤油が添えられて来る。
トロ、よこわ、平目、〆鯖、鯛、タコ、海老、馬刺、馬レバー。見た目にも楽しめる。
味は勿論見た目を裏切ることはない。
薩摩は肉魚野菜を問わず食彩の王国である。
地産地消の鹿児島名物黒豚のステーキ、赤身と脂身をバランスよく一口大にカットしローズマリーの香りと塩だけでロースト。
噛みしめると肉の旨味がダイレクトに味わえる。

gourmet-20161010_img03
gourmet-20161010_img03
gourmet-20161010_img02
gourmet-20161010_img02

同じく地鶏の刺身、この地鶏のもつ食感と皮目の甘みが酒をつい進ませる。さらに旬の野菜のサラダ。
中でもこの日小生が感動したのは、「旬の秋刀魚の肝醤油焼」である。
出始めの脂のほどよい秋刀魚を“わた”を抜いて、地元の甘口醤油をベースに味付けしたものを刷毛で塗って重ね焼きした一品である。

gourmet-20161010_img04
gourmet-20161010_img04

まさに逸品であった。
天文館の1次会に是非。

板前心ういち
鹿児島市千日町3-16 第一宮内ビル2F

TEL
099-226-2392