【ムシュラン】福岡市/元祖ラーメン「長浜家」

お食事福岡県

博多豚骨ラーメンの元祖といえば「元祖長浜ラーメン」。
小生が生まれる10年ほど前の1952年に開業し、
55年の魚市場移転に伴い、福岡市中央区長浜地区で営業を始めた。
魚市場の人が短時間の空き時間に
「朝ごはん」や「おやつ」代わりとして食べるため、
ゆでる時間短縮のため極細麺になった。
替玉の開発秘話として伝わるのは
常連客に「麺だけお替りできんと?」と聞かれた大将が
「よかばい」と答えたのがきっかけとか。
今ではどの博多ラーメン店でも常識になっている。

屋台がずらりと並ぶ長浜地区で、屋台ではなく店舗を構えていた。
1杯400円。観光スポットとしても知られていたが、
店に客が入ると注文する前に、
店員が先にオーダーするスタイルは独特であった。

客もなれたもので、のれんを潜ると
即「カタ」「バリカタ」「ハリガネ」等、
自分の好みの麺の固さを店員よりはやくコールする。
そんな正月以外は無休、24時間営業の本店、
「複雑な事情によるお家騒動」で閉店となったのがニュースで流れてもう久しい。

その流れをくむ店のひとつが「元祖ラーメン長浜家」である。
昔から変わらない、伝統のあっさりした豚骨スープ。
麺の注文は昔とは違ってちゃんと聞いてくれる(笑)。
麺はスープにもよく馴染む。
ぴろっとしたチャーシューはやや塩辛、これも変わってないかな(笑)。
この塩味が、あっさりスープの輪郭を整えてくれる。
ネギは昔より多めかな。相変わらずトッピング少なめ。
だからこそスープ本来の味をを引き立てている感あり。
日常的に食べたくなる味。〆にも良し。

元祖ラーメン長浜家
福岡県福岡市博多区上川端町10-242
TEL:092-292-7828
営業時間:10:00~翌5:00
定休日:年中無休