IR情報 東証二部:証券コード3276
HOME> IR情報> ディスクロージャー・ポリシー

ディスクロージャー・ポリシー

基本方針

JPMCグループ(当社および子会社)を理解していただくために、株主をはじめとするすべてのステークホルダーに対し、
最新の会社情報を迅速、正確かつ公平に提供する方針です。

情報開示の方法

1.適時開示

東京証券取引所が定める開示規則に該当する「適時開示情報」は同取引所が提供する
適時開示情報伝達システム(TDnet)に登録し情報開示を行います。
TDnetにて開示した情報は、東京証券取引所内の兜倶楽部に同一資料の投函を行うとともに、
速やかに当社ホームページにも掲載することとしております。

2.法定開示

会社法や金融商品取引法等の法令、規則により開示対象となる「法定開示情報」につきましては、
金融庁の金融商品取引法に基づく電子開示システム(EDINET)に登録し情報開示を行います。

3.任意開示

上記以外で、当社の企業価値に影響を及ぼすと判断されるものにつきましては「任意開示情報」として
当社ホームページ等で積極的に情報開示を行います。

沈黙期間

当社は、決算発表準備期間中における情報開示の公平性を確保するため、
決算(四半期決算)期(3月、6月、9月、12 月)末日の翌日から各決算発表日までを
沈黙期間と設定し決算・業績等の内容に関するお問い合わせの対応を控えさせていただくこととしています。

第三者による業績予想

当社は、第三者によるいかなる当社に関するコメント、業績予想等を支持することをいたしません。

将来の見通し

当社が情報開示する予想・見通しは、当社が開示時点で合理的と判断したものであり、
実際の業績は、様々な要因や前提条件の変化によって、
記載された予想、計画、見通しとは差異が発生する可能性があることをご承知おきください。

その他

本IRサイトは、投資勧誘を目的としたものではありません。
最終的な投資に関する決断は、ご自身の判断でお願いいたします。
本IRサイトは、他の方法で開示された情報とは異なった表現をしている場合がございます。

ウェブサイト利用条件個人情報の取扱について

ページ上部へ