Management Policy / Management Strategy

経営方針 / 経営戦略

経営理念

アパート・賃貸マンションの経営を通して、それに関わる全ての人々に「ウェルス」と「安心・安全・安定」を提供し続けます。

経営方針

JPMCグループでは、以下の3つを経営方針としております。

(1)オーナー資産の最大化
当社は付加価値のあるサービスを提供し、オーナーの賃貸経営に貢献すると共に、パートナー制度の拡大により、地域の建設会社・リフォーム会社・賃貸管理会社により多くの受注・受託をもたらすことを目的として行動します。
(2)全社員の経営参加
役員・社員一人・ひとりがリーダーシップを発揮し、すべての業務領域において大きな裁量権を持ち、自由で活き活きした議論を経て創造されたプロセスを重視し、高いモチベーションと社会貢献意欲をもって就業します。
(3)エクセレントカンパニーの創造
当社が目指すのは、あらゆる人に「JPMC日本管理センターは素晴らしい会社」という評価をもらえるような「エクセレントカンパニー」を創りあげること。役員・社員が全員一丸となってエクセレントカンパニーを目指します。

経営戦略

(1)PropTechによる賃貸住宅マーケットの改革
JPMCパートナーは約100万戸運用戸数を有し、当社と合わせ日本の賃貸住宅マーケットにおいて約5%のシェアを占め、最大手プレハブメーカーに匹敵する規模であります。
AI音声認識技術を活用した「AIコールセンター」や、当社の保有する膨大な運用データを活用した「AI査定」など最先端のAI技術を活用したPropTechにより賃貸住宅マーケットの課題解決を提供することで、日本の賃貸住宅マーケットの改革を目指します。
PropTechによる賃貸住宅マーケットの改革
(2)「プラットフォームの拡大」×「付加価値の向上」
JPMCグループでは、「プラットフォームの拡大」×「付加価値の向上」により企業価値を最大化することを経営戦略としております。