注目記事

相続税対策

相続税の基本として、法改正のポイントのひとつである「税率の引き上げ」を相続人ごとに解説していきます。

私たちサブリース会社も無視できないマンション経営成功のポイントのひとつが「駐車場」です。ただし、エリアによって状況は変わります。

相続税対策

基礎控除額は、その金額の範囲をはるかに超える相続をすることが多い地主や家主も無関係ではありません。

今回は、基礎控除額の計算について解説します。

相続税対策

税制の細かい部分は税理士に相談するにしても、相続税の基本的な知識は持っていても損は無いどころか、大事な家族に資産を遺すときに向けて、ぜひ、おさえておきたい知識であることに違いはないでしょう。

相続税が大幅に増税された今、多くの資産家を悩ますのが相続税対策です。

更地を持っている地主は、その土地のアパート・マンションを建てることで相続税対策になると聞いたことがあると思いますが、相続税対策に失敗するだけでなく、資産を失ってしまう場合もあるのです。

サブリースのプロが教える人気の設備として、前号までに入居者に求められていない設備と入居者が必要だと考える設備について解説しました。

今回は、空室が埋まらない時に見直したい設備に関する3つのポイントについて話を進めてきます。

相続税対策

特に地主やアパート・マンション経営をする家主にとっては、他人事ではないと思います。そんな中、相続税対策に効果が高いとアパート・マンション経営にも注目が集まっています。ただ、相続税対策についての知識が万全である人は多くはないでしょうし、既にマンション経営をしている家主でも不安や迷いを持っているのではないでしょうか。

トレンドデータ

サブリースのプロである私たちにとって、家主から預かるアパート・マンションを満室にして家主の収益を最大化することが使命です。そのためには、入居者ニーズを把握することが重要で、その中のひとつが物件の設備になります。

今回は、入居者が必要だと考える設備について解説します。

人気の設備が備わった住居に住みたいとは誰もが思うところです。それは賃貸アパート、マンションの入居者も同様で、入居者のニーズに合わせ人気の設備が導入されるようになってきました。空室を減らしマンションの安定経営を図るサブリースを提供する私たちも無視できないポイントです。

賃貸アパート・マンションは、単身者・カップル・ファミリーなど、住む人数に合わせて複数の間取りがありますが、間取りに対しての入居者ニーズはご存じでしょうか?
入居者が求める間取りのニーズにズレが生じれば入居状況に影響して空室が多くなる可能性があります。